タグ:コーヒー&洋菓子 ( 70 ) タグの人気記事

海と森のkamenos

 
 kamenos
 正式名称は、創造空間kamenos。
 カフェじゃなくて創造空間、とオーナーは言います。

 とにかく、気に入っていてよくコーヒーを飲みに行きます。
 コーヒーを飲みに行くふりをしてよく行きます、が正しいかも。

 初めて行ったのは、一昨年の三月。魚見桜の咲く頃でした。
 お店の存在を知ってからは気になりながらも、ぐずぐずしていました。そのうち、数日間カレーをする!というのを知って、とうとう行く気になったのでした。

 それと実は、さっき魚見桜と言いましたが、日出町豊岡の魚見桜のすぐ近くでもあったのです。
 どこよりも早く咲くその老木の桜を、私はいつも見逃すまいとしていたのでした。
 カレーと魚見桜が重なる。これは、今行かなくては。
 
 ぐずぐずしていたのは、どんなところか不安だったからなのですが、それなのに、お店に入ったら私はカウンターへ向かいました。
 内心ためらいもしたけれど、お店の雰囲気がそうさせたのだと思います。
 
 カウンター席にいたほかの(陽気な)女性たちと、カウンターの中の(陽気な)店主らしい人とおしゃべりをしながら、インドでヨガの修行をしてきたという男性の作ったカレーを食べました。なんかもう、食べるのとおしゃべりをするのに、忙しかった。

 そのあと、回数を重ねるごとに、(はい、なぜか、それからときどき行くようになったんです)どこでもそうかもしれませんが、私は、kamenosのカウンター席になじんでしまいました。
 
 最初よじのぼったそのカウンター席は、よじのぼったと言いたいくらい、ちょっと高くて、ちょっと緊張する椅子でした。あ、だいたいがお洒落なお店なのです。素敵というか、はい、とても素敵な。そうなんです、デザインが素敵。空間が素敵。そう、言い忘れるところでした、とても素敵なお店なんです。けれど今では、素敵なお店に対して必要な気合がないような時も、疲れた時も、泣きそうな時も、行ってます。

 豊後豊岡駅の前の道を北へ、途中から坂になりますがぐんぐん上って、まずは魚見桜の看板を目指して、でも魚見桜の方へは行かず道なりにさらに上っていると、そのうち左手にkamenosの看板が出てきます。あとはそれにしたがって進み、ありの巣の一番奥のお部屋に到着、という感じでカメノスに着きます。

 この建物です。
c0097620_2373897.jpg
 この扉をあけて。
c0097620_2394468.jpg
 
c0097620_2310562.jpg
 窓の外の竹林の向こうには海が見えます。

 そうなんです、海が見えるのです。それが大事、私には。
 しかも竹林と海の組み合わせが美しい。

 室内のお話しはあとにして、そのまままっすぐ行って反対側のドアをあけると、カメノスの森に出ます。
c0097620_2312422.jpg
 私は、海を見るとどこかにつながっているのだという気分になるし、あの青を見るとなぜか元気になれるので、とにかく海が好きでした。
 それとは反対に、樹のあるところに来ると、ここにいるという気持ちになって落ち着きます。ずっと海ばかり求めていたけれど、樹木はあって当たり前の存在だったのかもしれないと最近は思います。
c0097620_23134771.jpg
 建物の中に戻ります。
c0097620_23114437.jpg


 ここのランチの定番は豊後高田のhibinoパンのパニーニです。最近は新しいフレンチシェフによる季節のキッシュもあったりして、実は私、これがとても嬉しい。
 オーナーは材料には気を配っていて、日出ポークや、日出産のお野菜を作うということを大事にしているようです。使うようにしているというよりも、日出や大分県産のもので作る、そもそもそこから始まっているようです。ほかのスタッフによるスイーツもあったり、日々変化するkamenosを見ていると楽しくなります。その創造性を見ていると、自分にもなにか可能性があるような気がしてくるのです。もうひとつ定番でMINNA FOODのケーキもあって、コーヒーは……そう、

 そうでした、大事なこと。
 コーヒー豆は、塚原高原の珈琲木馬のもの。
 オーナーが、ハンドドリップでいれます。

 kamenosでふしぎなのは、行くと必ず、初めて会うだれかとおしゃべりするということ。いつも未知の何かが待っているようでおもしろいです。

 アップライトピアノがあって、音楽の催しや、ものづくり、読書会、お料理教室などもひらかれていて、人が集まってくる場所です。そしてなにより、そこに行けばいつもkamenosのオーナーと、kamenosのひとびとがいるんです。それが嬉しい。そういうところです、kamenos。

 いつもはここにカウンター椅子が並べられています。
c0097620_2056456.jpg
 これはイベントの時の写真。なぜかあまり写真を撮っていません。おしゃべりしているからかな。
 
 ◆http://kameyastyle.com/
 kamenosの日々の情報はFBに詳しく掲載されています。
  営業日は木、金、土の11時半~17時まで
  電話050-5318-0434
[PR]
by wannotomarigi | 2018-05-02 21:28 | 題名のないシリーズ | Comments(4)

コーヒーがいちばんおいしい季節!?

 先日のブランディにつづき湯気でぼやけたコーヒー。

 このごろあさのコーヒーがとってもおいしいのです。
 前にも今ごろの季節にそう思ったことがありました。
 2月はコーヒーのおいしい季節なのかも。
c0097620_2158285.jpg

 それとさいきん好きなブレンドも確立 ♪
 コロンビア×ブラジル×グァテマラを同量ずつ。

 


 
[PR]
by wannotomarigi | 2015-02-04 22:03 | こんなまいにち | Comments(0)

hana coffee ( 別府市荘園 )

 白木のかんばんにhana coffee という文字。
 見つけてから、次に通りかかったときに行ってみました。

 ほろ苦いと説明書きにあったケーキ。本当にほろ苦くて、わたしの大人度不足を知った気がしました。

c0097620_23461472.jpg


 可愛いお皿!このお皿はね~、

c0097620_23462722.jpg

 店主の女の子に似てる!と思います。

 そして、ここにも、と思ったアップライトピアノ。ちらほらありますよね、置いてあるところ。
 塚原のオニパンカフェ、忘路軒。宇佐市のぽから。日出町の大神ファーム。そして、グランドピアノのあるところが、大分市のサリーガーデン、茶王。もっとほかにもあるはず。



 ◆hana coffeeは、
 別府市荘園の喫茶オリーブ前の(バス通り)の坂道を上がっていると左手にあります。和風のお家に、看板が出ています。お昼から夕方までなのかな。ケーキは、2~3種類ありました。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-02-07 20:00 | Comments(2)

続・ゴールデンウィークの木馬 《 塚原高原・珈琲木馬 》

 トンネルをぬけても、
c0097620_19462769.jpg

高原は、
c0097620_19464461.jpg

霧でした。

 朝は晴れていたのに、急に暗雲たれこめて、降りはじめました。
 
 また、木馬に来ました。ゴールデンウィークは外国に行くよりも、塚原高原でコーヒーを飲んで、食べ物の話をするのがよいのです。
 こんどの木馬は、いろんなお店のものがいろいろあります。
 
c0097620_19465382.jpg
 ダックワーズ2種、パウンドケーキ数種。りんごのタルト。パン。厚さが2センチくらいあるガレット。

 アイス珈琲のボトルは、昨夏デビューしました。マスターの苦悩の末に生まれたものなのだそうです。
 それから、お砂糖は、喜界島のきびざとう。

 そして、木馬製のケーキは。
 チーズケーキ、アンズのパウンドケーキ、チョコレートケーキ。カシスのシャーベット。いつものクッキー。フィナンシェ。
c0097620_19485063.jpg

 でもやっぱり、主役はもちろんコーヒーです。 

 
[PR]
by wannotomarigi | 2012-05-03 20:05 | Comments(0)

ゴールデンウィークの珈琲木馬 《 塚原高原・珈琲木馬 》

 塚原高原の珈琲木馬。 
 (意外なことに、)この連休中、カレンダーの字の赤い日は、(ほぼ)ずっと開店しているようです。
c0097620_2122643.jpg
 木馬のケーキや、そのほか、いろいろありました。
 
 
 上空に三日月発見!
c0097620_2122147.jpg

 夕方も本当に明るくなって、初夏らしくなりました。だけど、高原はやっぱり、市街地に比べてずいぶんすずしいですね~。

 お店は(基本的には)午後1時から夕方5時半までです。
 でんわ 0977-85-3385
[PR]
by wannotomarigi | 2012-04-29 21:20 | Comments(0)

ザッハトルテ 《 塚原高原・珈琲木馬 》

 いつかウィーンで食べたザッハトルテ。
 じゃなくて、先週末、塚原高原で食べたザッハトルテです。最高に、わたしごのみでした。
c0097620_18185819.jpg

 あま~くて、まわりはざくざくでした。
 
 外国に行きたい願望のあまりないわたしですが、ウィーンには行きたいのです。そのわけは三つ。 あこがれのウィーンフィルのニューイヤーコンサートと、ウィンナーコーヒー。そして、ザッハトルテです。

 ついでながら、3月最終の週末と、4月最初の週末は、珈琲木馬はおやすみのようです。


◆ 珈琲と焼菓子の 《 珈琲木馬 》 
  でんわ 0977-85-3385
[PR]
by wannotomarigi | 2012-03-24 19:10 | Comments(2)

いちごショート Ⅲ 《 湯布院塚原高原・珈琲木馬 》

この冬三度め、いちごショート。
c0097620_21241942.jpg
こんどのは、ホワイトチョコレートが降ってるバージョン。
コーヒーは、トラジャ。
c0097620_21242759.jpg

木にはこのツララ。木は大丈夫なのかな。
c0097620_21243548.jpg
枝葉につもった雪がとけて、そのままツララになったのかな。
とすると、結構な低温ですよー。

きのうはここ、雪だったんですね。
あさはまだ、道は半分凍っててあやしかったのだそうです。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-02-19 21:30 | Comments(0)

チョコレートいろいろ 《 湯布院塚原高原・珈琲木馬 》 

バレンタインデーはあしたです。

チョコレートはもう、週末にいろいろ食べたのです~っかり気がすみました。

木馬のチョコレート。
c0097620_19395982.jpg
ホワイトチョコとお抹茶、カルヴァドス、アーモンド、などなどのチョコレート。

イグレック ≪ Y ≫ さんのチョコレートもありました。

この週末はとてもよいお天気で、あたたかでした。
c0097620_1940138.jpg
由布岳は、まだまだクールな姿でしたよー。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-02-13 19:45 | Comments(0)

珈琲と2月のケーキ盛り合わせ 《 湯布院塚原高原・珈琲木馬 》

今週末の塚原高原 《 珈琲木馬

コーヒーと、ケーキ盛り合わせ。
c0097620_22303291.jpg
コーヒーはオールドフレンド。

“ OLD FRIEND ” という珈琲木馬のブレンドです。
OLD BRENDでは、ないんですよ~。

お皿は、冬のケーキせいぞろいで、ショコラと、南仏蜜のパウンドと、フルーツケーキです。
クッキーは、塩チョコクッキー。

こちらはおなじく今週末の湯布院町から見たマウント由布です。
c0097620_22303983.jpg
美しいですね~。
登りたくなりますね~。

いえいえ、言ってるだけですよ。
誘わないでくださいよー、山には~。


◆珈琲と焼菓子の 《 珈琲木馬 》 

珈琲木馬は、湯布院町塚原高原の県通沿いにあります。
焙煎のための煙突つきの、みどりの山小屋ふうのたてものです。

カフェは、金土日の、ひるさがりから、夕方まであいています。
祝日も、あいていることがあります。

ときどき、おやすみのこともありますので、遠くからわざわざという方は、
お電話でたしかめられることを、おすすめします。

雪の日は、道が凍ることもあるところですので、ご注意ください。

でんわ 0977-85-3385
[PR]
by wannotomarigi | 2012-02-05 22:30 | Comments(2)

ピノノワール、ほか 《 湯布院塚原高原・珈琲木馬 》

さて、今週末の木馬レポート。

コーヒーと、ケーキ三種。
手前から南仏蜜のパウンド、フルーツケーキ、ピノノワール。
ピノノワールは、この季節になると登場する、チョコレートと赤ワインのケーキ。
c0097620_21103559.jpg
コーヒーの横のは、ドライフルーツの入った、やわらかいメレンゲの焼菓子。

コーヒー大好きケーキ大好き、たべもの大好きのひとびとが、どこからともなくどこからも、あつまる週末の木馬でした。

シュークリームもありました。
c0097620_21104888.jpg
たべもののお話がたのしいったら!
[PR]
by wannotomarigi | 2012-01-22 21:30 | Comments(0)

こんにちは!トリと申します。だれかへのお手紙のつもりで書いています。親しい人へ、これから出会う人へ、未知のだれかへ。(旧)湾の森。【連絡先】harubaum2018tori☆yahoo.co.jp ☆を@にかえてください。


by 春バウム トリ
プロフィールを見る
画像一覧