夏のうぐいす

 夕がた、よろよろとツキイチウォーキングしていたら、住宅地の後ろの森のようなところから、うぐいすの声が聴こえてきました。
 うぐいすの声は、聴くたびに、なーんて美しいんでしょう!っと、それもひと声ごとに驚くのですが、今日のうぐいすはこれまでの驚きを超えました。いろんな鳴き声があるとは言うけど、たしかにいろいろありますね。今日のは、具体的にどうだったか、と言うと、複雑で忘れてしまったけど……ホーホケキョじゃないところがとっても長かった、……ようでした。

 ケキョケキョケキョケキョケキョケキョ、と、そして、音の高低の開きがところどころ大きくて、お?おお?と思いながら聴いたのでした。そこが驚きのポイントだったのかしらん。
 でも、そんなことよりも、響かせ具合がとても上手だったように思います。どんなふうに、のどや体を使っているのでしょうね。うぐいすの美しさを再確認した夏の夕暮れでした。いつも感動しているのに、さらにこんなふうに思うことがあるとは。これはもう、本当に驚き、ました。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by wannotomarigi | 2013-07-10 22:09 | Comments(0)

お手紙~親しい人たちへ、これから出会う人、未知のだれかへ    (旧)湾の森  連絡先 harubaum2018tori☆yahoo.co.jp    ☆を@にかえてください。


by 春バウム トリ
プロフィールを見る
画像一覧