手紙 ~湾の森より  wannoki.exblog.jp

お手紙のつもりで書いています。この頃はよくInstagramにいます→https://www.instagram.com/harubaum/ 【メール→】harubaum2018tori☆yahoo.co.jp ☆を@にかえてください。


by 春バウム トリ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

九州もつゆ入り

6月9日
九州もつゆ入りのニュース。

c0097620_2112517.jpg

ときどき通る道の、あじさい。
実物はもっときれいな色あい。
かぶごとコサージュにしたいほどか可愛い。



5月のおわり、植木鉢のなかから小さなカタツムリが出てきました。
眠ったり、起きたりするのを見て、うちにいてもらうことに決めました。
背中のカラを眺めながら、カタツムリのしあわせってなんだろうなあ、とぼんやり思ったりしていました。

そしたら、ふと、現実的な問題に気がつきました。
カタツムリのごはん!

なにを食べるんだったっけ、と調べたら、お野菜や卵の殻が必要なんだとか。
冷蔵庫にあったキューリを少し、植木鉢に置いてみました。

そしたら、たべるたべる!
がぶり、という口つきです。

それから、にんじん、グリンピース半つぶ、甘夏、キャベツ、まいにちメニューを変えておいてみました。
どうも、うちのカタツムリはにんじんをあまり好みません。

土は、ときどき日光に当てたほうがいいらしいので、カタツムリごと、ときどき外へ出しました。

夜おそくまで、カタツムリは眠っています。
寒い日はすっかりもぐって。
気持ちのよい日は、はんぶん背中のカラを出して。
朝みると、また眠っているけど、たべた跡はある、といった具合。

わたしは油断していました。
カタツムリは、いなくならない。

カタツムリは、さえずったり吠えたりしないけど、背中のあのカラを見ていると、中に思想が詰まっているような気がしました。
たぶん、『 でんでんむしのかなしみ 』 を書いた新美南吉さんも、わたしみたいに思ったでしょうと思います。

夜になったけど、カタツムリの気配のしない日が2日続きました。
土の中を捜索しました。

はやくカタツムリ仲間を連れて来なくては、と名前もふたつ考えていたのに、カタツムリはどこかへ行ってしまいました。

元気ならいいなあ。

そんなこんなで、梅雨にたいしてちょっと複雑な気持ち。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by wannotomarigi | 2009-06-09 22:00 | Comments(0)