タグ:紅茶 ( 9 ) タグの人気記事

tea

 秋もまた、薔薇の季節。
 ちいさく咲きました、イングリッシュローズのパット・オースチン。
 この薔薇はティーのよい香りがするのです。色は、太陽に輝く銅色!
c0097620_21344273.jpg

 さいきん、ヨルのブームは、フレーバーティです。
 気分がごちゃごちゃしたときなどに、たいへんよいのです。
 日常に苦手な匂いも多くて、我慢できないこともあるのですが、その分、匂いで安らぐこともあるのだと、だんだんわかってきました。

 なごむぞ!と気合を入れて飲むと、なごめるのです、フレーバーティ。あんまり気合をいれすぎると逆効果です。
c0097620_21343325.jpg
 と、スーパーで買った、日東紅茶のフレーバーティでなごもうとするわたし。
 ワインとマスカットって、どんなの?と思ったけど、なるほど、まさしくワインとマスカットの香りでした。
 子どものころは、フレーバーティなんて、大!がつくほど嫌いだったのに、大好きになるとは。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-10-08 21:30 | Comments(4)

安心院の “ パンと器のぱおぱお ” の窓辺で。

まだかなり暑かったころ、久しぶりに、突然に、ぱおぱおへ行きました。

ぱおぱおは、表の道からちょっと入ったところにあります。
久しぶりで突然なので、前に行った記憶を急速に呼び戻しつつ、大丈夫、道は複雑でなかったはず、と大船気分で進みました。

だけど、船は泥舟でした。

どこで間違ったのか、目立つべき “ イモリ谷 ” の薄気味悪い看板を、裏側からみたので、通りすぎるところだったし、お店へも、反対側から近づいて行ったらしく、見逃すところでした。

そんなところにある、ぱおぱおさん。
前にはなかったと思うのだけど、カフェコーナーが出来ていました。

4脚ほどの椅子の並んだ、細長い空間、いい感じです。
この空間は、どこから生えて来たんでしょうね !?

こんな椅子に外を向いてこしかけます。
c0097620_22352883.jpg
こんな景色が見えます。
c0097620_22354546.jpg
重要なのは、ここが、自分のうちとは違う場所ということ。
たとえ、自分のうちがいちばん好きでも。

こんなメニューにしたがって、ロールケーキを注文し、
c0097620_22355668.jpg
こんなカップで紅茶をいただきました。
c0097620_2236737.jpg

暑い日でしたけれど、温かいアールグレイを。
友人は、地獄のように熱そうな、三年番茶という飲みものを。
三年番茶、甘みのあるとてもおいしいお茶だったのだそう。

このカップは、持ち手が、ぐるんと大きく、見たときも楽しい違和感を感じましたが、このぐるんとしたところを持って紅茶をいざ飲んでみると、それがなんだか、おもしろい具合でした。

カップも、この置き物も、ぱおぱおの地底人さん作ですよね。
c0097620_22361888.jpg

今日はパンは登場しませんでしたが、(ロールケーキも登場しませんでしたが、)器もパンも、作る人の心を映しているようだと思います。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-10-06 22:30 | Comments(0)

夏至も過ぎて

夏が来る前に、日がだんだん短くなるというのも、へんな気がします。
お日さまギラギラの夏は、これからなのに~。

それに、夏至のきのうは梅雨の真っ只中で、明るい夕方を満喫できませんでした。

なので、今日はトリひとり、青空を懐かしむ会、開催。

これは、十日ほど前のこと。
憂鬱な買い物に向かっていました。
空は、とってもきれいでした。
c0097620_23311551.jpg
お店が近づくと、どんどん気持ちが沈みます。毎度のことです。
買い物する必要があるんだろうか !? などと考え始めます。
今すぐUターンしてもいいんじゃないだろうか ? と考えていたころ、黄色と水色のきれいな空、発見。
c0097620_23312513.jpg

しかも、空の下に並ぶのは、由布、鶴見、高崎のみっつのお山。
勢ぞろいだわ~。

由布岳の上にはシューッと飛行機雲。
目の前には、金色の田んぼ。
ああ、いい景色~。
c0097620_23313484.jpg

としばらく見ていたら、気分がよくなりました。
買い物の憂鬱も晴れました。
夕方7時頃のことでした。

さて、買い物のあとはすっかり夜。
自動販売機で買いました、エスプレッソ・ティ !
ティ !?
c0097620_23314238.jpg
そもそもエスプレッソってどんな意味でしたっけと ( エキスプレスみたいな意味では ? ) 思いながら飲んでみますと、
たしかに名前の印象通り、エスプレッソコーヒーみたいに濃いミルクティでした。
濃くて、紅茶の渋みたっぷり。

紅茶って、2杯目のとき、しゃべりすぎて渋くなっても、ミルクを入れると、渋みが消えるものです。
でも、この缶は、しっかり渋くて、渋みエキスってものがあって、それを一滴入れたに違いないというような紅茶でした。
c0097620_011588.jpg

青空にすくわれた日のお話でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-06-22 23:30 | Comments(0)

ひといき紅茶

コーヒーだいすき、紅茶だいすき、日本茶もだいすきなわたし。

さいきんは、いろんな紅茶をたのしんでいます。

箱の中に、12種類もの紅茶が入っていて……
c0097620_2346197.jpg

ダージリン、アッサム、セイロンをはじめ、モーニングブレンド、ストロベリーや、バナナまで。
バナナ !!

香りのある紅茶は、あまり得意ではなかったけれど、これは飲みやすく、おいしいです。
さっきはストロベリーをいただいたけど、なごみました。
バナナもおいしくのみました、不思議 !

楽しみながら選んで、ほっとひといきしています ♪
大忙しな現実、外の強風、荒れた手もなんのそのの、ひといきタイムです。
c0097620_955262.jpg

このティーカップ、どうしてもほしくて買い求めましたが、もちにくくて、長いあいだ困っていました。
だけど、さいきんようやく、持ち方のこつがわかりました。
10年以上…というより、20年ちかく、悩み続けたのに~。

ただわたしが、ティーカップの持ち方を、知らなかっただけなのです。
悩みって、そんなもの !?
[PR]
by wannotomarigi | 2009-12-30 23:45 | Comments(0)

印度カレーのアフジャー・レストラン

アフジャー・レストラン。
インドカレーのお店です。
別府 “ 国際通り ” ソルパセオ銀座にあります。
インドの人たちが、しています。

メニューを前に、どれにしようか迷っていたら、まず、基本が3種類アリマス、とおしえてくれました。
大丈夫、ニホン語です。

1、お野菜カレーは、たまねぎとトマトベースでちょっと赤い。
2、チキンカレーは、カシューナッツベースで、黄色っぽい。
3、ほうれん草カレーは、たまねぎ&トマトと、カシューナッツの両方+ほうれん草ベース。まさに緑。

食べたのは、カシューナッツベースのチキンカレー。
チキンカレーにも三種類ほどありまして、
c0097620_15314130.jpg

手前のが、チキンマサラカレーセット、むこうのは、ホットチキンカレーセット。

ここのナンは、比較的薄く、炭水化物の食べすぎにはならないような気がしました。
底はカリッと、中はブワッと弾力があっておいしいですよねー、ナンって。
c0097620_15314964.jpg

最後にチャイを。
比較的甘さひかえめで、飲んだあと、すっきりしました。
カレーを食べたあとの消化器をたすける、みたいなかんじ。
カルダモンとシナモンって言ってましたけれど、そういう役目があるのかな~。

9月もはじめ頃のことなんですけれどね。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-10-09 23:30 | Comments(6)

休日びより

紅茶とラスク、とてもおいしかった。
あのラスクは、本当においしかった。
サクサクしてホリホリして。
c0097620_2304843.jpg

テーブルに、小さなこなを、たくさん散らして食べました。
c0097620_11512694.jpg

今日は空がきれいでした。
c0097620_11513751.jpg

あしたは雨なんだって。
雨ふりもまた、よし。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-14 23:30 | Comments(0)

紅茶と焼き菓子のお店 

紅茶のお店というと、なんとなく思い浮かべるものって、あります。
Tea room と聞くと、雰囲気をなんとなく想像します。

だけど、この扉の中……。
c0097620_11571283.jpg

まず椅子に落ち着き、それから、解説を受けながら、迷いに迷って、マルコ・ポーロという紅茶に決めました。
よい香りのおいしい紅茶でした。
ティーカップは可愛いワイルドストロベリー。
c0097620_23481211.jpg

それから、タルト。
ブルーベリーのタルトに、ちょうどよい甘さ ! と思った生クリームとブルーベリー。
c0097620_23482232.jpg

可愛い扉に、可愛いカード。
c0097620_23483188.jpg

こういうものたちからはちょっと想像しない、ユニークな空間なんです。


別府元町の西法寺前にあります。
お店の名前は、Cozy corner。

扉のひらく時間、行きかたなどは、電話0977-75-8187へ。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-08 23:00 | Comments(4)

Oni pain cafe de♪ lunch

7月のある日、塚原のパンやさんのカフェで待ち合わせ。
窓から外を眺めていたら、カッコウ、カッコウと聴こえてきました !

6月にもいちど聴いたような気がして、こんどはしっかり声を探してみようと思っていたのでした。
こんなにすぐ耳に飛び込んでくるとは。

ざあざあ降りの中、塚原まで来たけれど、もう静かな小雨になっていました。
カッコウは、どんなお天気の日にも鳴くのでしょうか。
鳥のことには興味があります。

さて !
ランチに来たのです。
前日までの予約でいただける、オニパンカフェのランチです。

どんなランチか、まったく知らないままに予約をしたのでしたが、このお皿がしずしずと運ばれてきたときは、うれしくなりました。
c0097620_23385745.jpg

黒胡椒、お塩を、適当にこりこりやってください、というママの説明に、なんだかたのしくになります。
並んでいるオリーブオイル、バルサミコ酢も。

このひと皿、フランスでの思いつきなのだそう !
c0097620_233974.jpg

お茶は、イギリスのBettysの紅茶を選びました。
ストレートでもいいけれど、ミルクを入れるとさらにおいしかったその紅茶。
聞くのを忘れたけれど、あのミルクは塚原高原のミルクだったのでしょうか ?

パンは、フランスパンとレーズンパンをいただきましたが、レーズンパンにもバターがよく合いました。

心も満ちるランチでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-07-31 23:30 | Comments(0)

薄暮というお店

数日前、チーズケーキの夢を見ました。
葉っぱがなくなり次第、ケーキはおわり、という夢です。
よくわからないのは、チーズケーキと葉っぱの組み合わせ。
おいしそうだったので、何度か思い出してみていたけど、今、思い当たることがあって。

五月の連休に、やまなみハイウェイを走ったときのことです。

湯布院の混雑を通りぬけ、水分峠のドライブインも通りすぎてどれくらい走った辺りでしたか、珈琲・ケーキ「薄暮」というかんばんが目に入りました。

(こんなかんばん、今まであった?)
聞いたことのないお店だけど、ケーキと聞いて見逃すわけにはいかないなあと、数十メートル悩んで、引き返しました。

かんばんの横の道をジャリジャリ、ゴトゴト下ると案内板がありました。
c0097620_2211826.jpg

この先、なにかあるかなという林の中を進みました。

最後のかんばんを見落としそうになって、ちょっとあと戻り。
見落とすようなかんばんではなかったけれど、周囲に気をとられていたし、かんばんとたてものの距離が、無関係のように見えたのでした。

ふたつだけの椅子の小さなテラスがありました。
そこで紅茶とチーズケーキをいただきました。
c0097620_2214642.jpg

この季節は半分凍ったのがいいんです、とのことでしたが、食べてみてそれに賛成。おいしいんです。

小屋もありますとのことでした。
たしか、小屋、って言ってました。
ひと月前に開店したのだそうです。

親娘でしているのだって言ってました。
こういうところに住んでいると人がめずらしくて、と言って、おしゃべりもしました。
カードももらっています。
住所も電話番号も書いてあります。

でも、なんだか、へんだなあという気がしていたんです。
どこか、妙な感じです。
あのチーズケーキ、葉っぱで作ってるんじゃないかなあ……、という気がしてきて……。
(やっぱり、あれ、きつねの親子だった?)
そんな不思議な気持ちになる林の中にあるんです。

そのうちもう一度たしかめに行こうと思います。


 ◆コーヒー薄暮
 
電話番号は、0977-84-5336
木曜日定休。


2015 5,3 追記
2014年秋に閉店したことを知りました。
おげんきでしょうか。またどこかで会えるといいなあ。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-05-15 22:00 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧