タグ:生きもの ( 22 ) タグの人気記事

どこかからカッコウが

 2週間ほど前、湯布院の森でカッコウを聴きました。
c0097620_13152796.jpg
 正しく言うと、聴こえるといいなあ、と思いながら計画的に森に向かい、森の中のお店でクレープを食べたのです。
c0097620_13153819.jpg
 車のドアを開けると、もう聴こえていたし、クレープのトッピングのヌテラはとてもおいしかったし、幸運でした。
 
 きのうお墓に行ったら、そこでも鳴いていました、カッコウ!
c0097620_13154856.jpg
 声の聴こえるほうに近づいてみるけど、もっと遠くから聴こえてきます。ホトトギスとは近縁だからか、どこで鳴いているかわからない、霧の中のどこか、という感じがカッコウも似ている気がします。
[PR]
by wannotomarigi | 2016-06-10 22:00 | こんなまいにち | Comments(0)

SPANISH BEAUTY !!!!!!!

 2015年、5月5日のこと。

 朝、起きてすぐ、(それはもう、朝とは言えない時間でしたが)発見!
 
 スパニッシュビューティが咲いてる~!
 スパニッシュビューティは、わたしのもとで、この春、初めて咲く薔薇!
 
 しかし……、
 まだよく開かない目にもわかりました、スパニッシュビューティさん、ぐったり?!
c0097620_22444641.jpg

 急いで葉の裏に霧吹き救急処置。
 (太陽がまだ高い時間にそんなことをしていいかわかりません~。)

 スパニッシュ・ビューティはもう10年ほど前から、薔薇の本を見るたびに、いいなあ、ほしいなあ、と思い続けていた薔薇でした。でも、今はそんなに広い空間がないしと、自分に言い聞かせてきたのでした。
 それなのにこの早春、とつぜんに出会ってしまったのでした。
 
 完全にゆだんして、無防備な気分で、苗を眺めていたのです。
 10年の我慢が一瞬にしてどっかへ行っちゃいました。この苗がいい!!
 
 帰り道、だいじょうぶだろうか、大きく育つツルバラなのに、と心配しつつも、半分は喜んでいるのでした。
 まあ、そんなものです。しょせん、薔薇が好きっていうわけなのでしょう。

 さて。
 スパニッシュビューティさん、まだ固いつぼみのころ。
c0097620_22453534.jpg

 このあたりでちょっと、情熱的な表情を見せ、わたしを驚かせるスパニッシュビューティさん。
 やはり、フラメンコの国出身なのか?
 カルメンのように咲いたらどうしよう?
 
c0097620_22455237.jpg

 なにしろ、本でしか見たことがなかった薔薇なのでした。ほんとうはどんなふうに咲くか、よくわかっていなかったのでした。本で見る写真なんてのは、いちばん美しいときを撮ったもの。ほんとうはいろんな顔をして見せる薔薇のほんの一瞬のことしかわからないのです。
 
 咲いてみると、ひらひらと優しいピンクでした。思っていた通りに、それ以上に、ずっとずっと好ラブリー。
 
 うれしくって、うれしくって、ねっころがって一時間くらい眺めていました。
c0097620_2245814.jpg

 いいにおいだし。
c0097620_2245114.jpg

 何度も眺め、夜になっても、鼻を近づけて見て……
 
 と、

 あんた、だれ?
 
c0097620_224676.jpg

 あやしい風体じゃないの。それでも、花の中に顔をうずめて見せたりするので、蜜を吸いに来たのか?と思ってみたりしたけど。
c0097620_22461529.jpg
でもなんだか見たことある顔。
 コオロギかオケラのような、色つや。
 身長よりも長い触角は、夏のお台所に出現するあれにも似てる。

 ずいぶんいろいろ検索して、心臓が弱るほどいろんな害虫たちの写真を見たんだけど、名前がわかりません。
 また、今晩来るかな?
 来たところで、名前はおしえてくれそうにないね。
 
 撮ってるとこっち向いたりして、愛嬌がいいので、憎めなかったけど、
 
c0097620_22462573.jpg

 翌朝のスパニッシュビューティを見て、逃しておくんじゃなかったと後悔。

 
c0097620_17475539.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2015-05-05 23:06 | こんなまいにち | Comments(0)

せみ

 おとといのこと。
 ごくごく近くで、ジジッという声。はじめは、なにかに熱中していたもんだから(なんだったかは忘れたけど)しらんふりしてたけど、二度三度と聴こえてくるその声。急に、もしかしてこれから鳴く練習なのかも、と興味を覚えて、窓を開けて探しました。いました。ごくごく近くの柵につかまっているセミ。見ていると、ときどき、ジジっと言います。ああ、これから騒がしく鳴きはじめるんだ!ドキドキというよりビクビクしながらじっと見ていました。そうしたら、とつぜん、ボトッ!と音を立てて落っこちてしまったのです。これから鳴く練習なのではなくて、最期の声だったのです。体は動かないのに、落ちてもしばらくジジっと言っていました。最後のほうはもう、反射運動のようなものなのかな。

 それからきのうのこと。めずらしくミンミンゼミの声が、遠くから聴こえて来ました。ずいぶんしゃがれた声。思わず真似して、なるべくしゃがれた変な声でみーんみんみんみーん、と練習する変なわたし。地球温暖化と言い始めてから、ミンミンゼミはあまり聴かなくなりました。今、鳴きはじめたってことは、少し秋に向けて涼しくなっているのかな。

 セミが、生まれてからの七年ほどを地中で暮らすのは有名なこと。地面の中は快適なのだそう。次に生まれてるときは、ニンゲンでなくてもいいかな。はじめてそう思った今日!
[PR]
by wannotomarigi | 2014-08-13 21:16 | こんなまいにち | Comments(2)

ひぐらし初鳴き

 たった今、ヒグラシがひと声鳴きました。
 いちねんぶりに聴いたからか、これなんだったかなと1秒ほど考えましたよー。
 
 ことしの初鳴きです。きっと、数日内に梅雨が明けるのではないか、と(そう願いたいと)思います。出て来たヒグラシが、雨ばかりだとがっかりするでしょうからねー。

 
[PR]
by wannotomarigi | 2014-06-29 19:34 | こんなまいにち | Comments(4)

ほととぎす?


 たった今、ほととぎすの声が聴こえたようでした。お昼にも一度聴こえたのです。それは確かだったけれど、今のは気のせい?

 ほととぎすってふつう、梅雨の合間の夜半過ぎに聴こえてくるのに。
 時間帯はともかく、梅雨はまだ。
 それとももう梅雨間近?あの鳥が啼くということは。
[PR]
by wannotomarigi | 2014-05-24 23:42 | こんなまいにち | Comments(0)

夏のうぐいす

 夕がた、よろよろとツキイチウォーキングしていたら、住宅地の後ろの森のようなところから、うぐいすの声が聴こえてきました。
 うぐいすの声は、聴くたびに、なーんて美しいんでしょう!っと、それもひと声ごとに驚くのですが、今日のうぐいすはこれまでの驚きを超えました。いろんな鳴き声があるとは言うけど、たしかにいろいろありますね。今日のは、具体的にどうだったか、と言うと、複雑で忘れてしまったけど……ホーホケキョじゃないところがとっても長かった、……ようでした。

 ケキョケキョケキョケキョケキョケキョ、と、そして、音の高低の開きがところどころ大きくて、お?おお?と思いながら聴いたのでした。そこが驚きのポイントだったのかしらん。
 でも、そんなことよりも、響かせ具合がとても上手だったように思います。どんなふうに、のどや体を使っているのでしょうね。うぐいすの美しさを再確認した夏の夕暮れでした。いつも感動しているのに、さらにこんなふうに思うことがあるとは。これはもう、本当に驚き、ました。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-07-10 22:09 | Comments(0)

せみ、解禁

 きのう七月六日夕がた、ヒグラシが鳴きました。まい年、梅雨の合間に鳴き始めて心配するので、六月中ごろから、心配しつつも待っていました。ことしはちょっと遅かったんですね。でも、やっぱり梅雨の合間のような日に鳴き始めました。ヒグラシって、梅雨明け少し前に出てくるいきものなのかな。とすると、あと数日で梅雨明けかな。

 そして今日は、ヒグラシ以外のふつうのセミが、ジーとかウィーとか言っているのが、むこうのちょっとした森のようなところから聞こえてきました。
 でも実は、ヒグラシよりも一日早く、大分市の上野の森のようなところで、高い木の上からセミの声が聞こえて来たんです。わたしとしては、ヒグラシがセミ解禁の合図であるべきで、ヒグラシの前に、ほかのセミが、いかにも当たり前のように鳴いているのが、ふしぎだったり意外だったり、もっと言うと不満だったりしたのでした。
 セミの声にどうこう言っていられるのも、夏全開一歩前の、今だけのことです。
c0097620_12285816.jpg

 湾の上の空にも、梅雨のような夏のような雲。
 電信柱のてっぺんには、くつろいで、晴れ間を楽しむカラス。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-07-07 12:48 | Comments(0)

初うぐいす

 
 今日、とある無人駅で、ぼんやりあんぐり(結構幸せな気分で)電車を待っていたら、ふいに、うぐいすの声が聴こえてきました。わたしには、ことし初のうぐいすでした!うれしーい!
[PR]
by wannotomarigi | 2013-03-19 22:03 | Comments(0)

よそのおやね

 カラスがなにやらとりあいしていました。オレンジ色の丸いもの。柿にはまだ早いよね?
(携帯カメラのズームには限界がありました)
c0097620_03922100.jpg
 それそっちのけで2羽がケンカしていたら、ほかのが横どりにきたりして。たべものじゃないのかな。

 よそのお屋根はおもしろーい。うちの屋根は、おもしろいことが起きていても見えないんだもん。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-19 23:10 | Comments(0)

巣立ち

 あらァ、いつの間に~。
 たまごを発見したのは、たしか夏もはじめのころ。
c0097620_2055423.jpg

 臭いのせいで嫌う人が多いけれど、わたしはそれほどでもない虫。
c0097620_20551229.jpg

 発見から三日目ほどたった日。出て来ているところを見つけました。
c0097620_20551820.jpg

 一度、親虫が産卵するのを見たことがあるのです。後ろ足でオナカをおさえながら、たまごを網戸に…あのときも網戸でしたね、産んでいました。あのときは感動しました。
c0097620_20552641.jpg

 みんな出てくると、しばらくたまごのところでかたまっていましたが、のぼりはじめました。空になったたまごは透明に。
c0097620_20553594.jpg
 
 どんどんのぼってゆきます。
c0097620_20564227.jpg

 どうも、最後のいっぴきちゃんが遅いんですね。もういっぴきが気づかっているような様子……に、見えるだけ?でも、たしかに話し合っているように、見えますよね。
c0097620_20565913.jpg
 
 たまごは12コあったようです。
c0097620_2057985.jpg
 
 先頭10ぴきはどんどんのぼります。
c0097620_20571951.jpg

 やっぱり、最後のいっぴきちゃんはおそいようですねえ。生まれた日から、みんなよりおそい。心配になって、のぼるのを手伝いたくなったけれど、考えてみたら、おそいから悪いということはない。
c0097620_20592812.jpg

 ゆっくり歩くから見えることもあるし、ほかの人が見つけなかったものを見つけるかもしれない。そういうのが個性だと思う。

 がんばれ、かめむしちゃん。
c0097620_20593581.jpg

 みんないなくなりましたよ。

 また帰ってきてね!
と、うみがめだったら言うところですが。……ええ、待ってますよ。もちろん、わたしは。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-16 22:00 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧