タグ:植物 ( 118 ) タグの人気記事

いたいた、金木犀

 数日前の夜、気のせいかなと思った匂い。翌朝には、そこら中に充満しているようでした。
c0097620_15235120.jpg
 きのう、探しに行ったら、いました、去年と同じ場所に。
 金木犀にインタビューすれば、いちねんじゅうここにいるんだけど、とこたえるかもしれないけど、わたしは、この季節だけに現れると言いたい。
 まだ、満開のときの、全身オレンジ色、にはなっていないけれど、匂いの美しいのは、今がいちばんだと思います。

 今日は、夜半過ぎからずっと雨です。予報では、明日は台風。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-29 15:20

金木犀?

 金木犀はまだのよう、と思ったのは三日前。
c0097620_22473044.jpg

今夜、香水の渦から戻って来たら、ドアの前で金木犀のにおいがした気がしました。気のせいかな。どうかな。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-26 23:20

万両の芽

 にゅうどう草の花咲く頃、根っこつき花咲くにゅうどう草と一緒にもらってきた、万両の実。
 
 実ごと種まきしておいたら、芽が出た!うわーい!
c0097620_22505179.jpg

 
 ついでに、
 いつだったか、たしかいつかのクリスマス前。
 きれいな色のひのき系植物をみつけて持ち帰りました、プチツリーにしようと。
 しばらくしたら花らしきものが咲き、(花粉ももわもわ出た。こわかった)その後、実らしきものが出来た。
c0097620_2251059.jpg
 その実は、だんだん大きくなって、だんだんどーんどん大きくなって、今ではプチツリーには不似合いなほど。
c0097620_2251878.jpg
 無愛想でちょっとこわいよ。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-18 22:50

アーモンドの紅葉

 うちのアーモンドの葉っぱ代表、3枚。
c0097620_2245910.jpg

 ことしは例年になく、アーモンドの葉が木にしっかり残っていて、(と言っても、じつにちっちゃな木で、葉っぱだって数えられるくらいですが)その上、例年になくしっかり赤くなっているのです。(そういえば、お花は咲かなかった)
 さらに、例年よりも、赤くなるのがはやいような気がします。つまりこれは、この時点で気温差が激しかった(夏と秋の?日中と夜の?)ということではないかと思うのです。
 
 だから!
(わたしの言いたいことは、ここからなのです!)
 お山の木々も、ことしは例年になくうつくしく紅葉するんじゃないかと、思うのです。
 いかがでしょう?トリのもみじ予報。あてになりませんかねえ。

 紅葉の季節。名月の季節。さて、お月見のおまんじゅうはなににしましょうか。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-14 22:00

ぷち現実逃避のドライブ

 にちようびの夕方。豊後高田へドライブ。ドライブはちょっとひさしぶり。めざすは、いつもとちょっと違う景色と、パンやさん!
 
 まずは国道を通ってまっしぐらにパンやさん。
 すでに夕方だから、すこしでも早く行かないとなんにもないかもしれない。

 このパンやさんは、マヨネーズも小豆アンもちゃんと作っていて、カレーパンのカレーもカレー粉とスパイス。ルーじゃないのがわたしにはホントにホントに嬉しい。パン粉も買うことが出来ます。お料理の本を見ていると、食パンでパン粉を作ると書いてあるけど、パン粉って、自分で作ろうとすると、実はとても難しい。少し秋めいて空気がかわったこの日は、フランスパンとデニッシュ生地がよく出来たのだそう。大きなフランスパンと、店名のアルフォンソを名前に持った食パンと、デニッシュ生地の甘いパンにチーズのタルトに、とあれこれ買って、今度は帰途。
 
 もうすぐ日没という時間。今、思い出してみると、雲が分厚かったのでしょう、太陽はどこにもありませんでしたが、海がひかってきれいでした。真玉の干潟がしましまに現れ、ひとがたくさん。
c0097620_23162238.jpg

 海辺の夕焼けというのはきれいなのですね。あらためてそう思いました。わたしの町では、夕方の太陽は、西の山にあっけなく沈んでゆくので、夕焼けに感動することは少ない気がします。
 これだけの夕焼けがまいにち繰り広げられるとなると、夕方の空から目が離せなくて、わたしだったら、困る。

 夕焼けも終わりかけた時刻の長崎鼻のひまわり畑。
c0097620_23165055.jpg

 この夏はひまわりを見なかったと思っていたのに、突然のチャンス!これで夏を終えることが出来た!

 海もいいけれど、山もいいんですよねえ。このあたりの山は、まるっこくて、絵に描いたへんてこりんな山が実際にある、というようなかたち。日本昔話に出てきそうな山です。のどかです。
c0097620_23163749.jpg

 夕焼けのあとは暗くなるということを、暗くなりはじめてから気がつきます。このあとはまじめに帰りました。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-04 23:15

知らなかったタケノコの真実

 わたしは知りませんでした。
c0097620_2135495.jpg

 タケノコが、タケノコの姿のまま、こんなに大きく伸びるなんて。わたしよりもずっとずっと大きい。
c0097620_21355631.jpg

 大きくなりすぎたのは食べられないよと聞くけれど、大きくなりすぎるにもほどがある。と、見上げながら考えました。たぶん、かたいんでしょうね、食べても……。
c0097620_2136537.jpg

 ほとんどタケノオトナと同じくらいまで、タケノコのまま大きくなるんですね。

そして、ハラ、ハラ、と皮が落ちてゆくんですね。
c0097620_21361215.jpg

 ああ、それにしてもどうして今まで知らなかったのでしょう。阿蘇の地で、はじめて知ったタケノコの真実でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-06-08 21:35

入道草の花咲く頃

 この季節、よそのお庭や空き地では満開になっている、この白花をうらやましく眺めています。わたしの植木鉢ではすぐに絶滅してしまうんだもの。
 ことしはわけてもらいました。うれしい。

 ただいま、開花中の入道草。
c0097620_21164227.jpg

 人はみな、この草花をドクダミとよびますが、うちでは入道草と言っています。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-06-08 21:20

あらためて、ムスカリ

 ムスカリって、本当に可愛いわあ。
c0097620_21233279.jpg
 
[PR]
by wannotomarigi | 2012-04-09 21:30

つばき

 このつばき、まりあさまという名前なのです。
 わたしがつけた名前じゃありません。そういう品種です。
c0097620_2046990.jpg

 ことしは2りん。ちいさなちいさな木です。去年は咲きませんでしたから、ことしは、嬉しい2りんなのです。

 今月はお花のことばかり書いている気がしますが、だいじょうぶ、ちゃんとニンゲンとも交流していますし、甘いものも食べています。甘いものといえば、このまりあさま、つぼみのときは、ねりきりか、こなしの和菓子のようでおいしそうでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-03-23 21:00

沈丁花

 きのうのことです。
 沈丁花が、知人のお庭で咲いていました。ことしの沈丁花の匂いにはまだ気づいていませんでしたので、咲いている姿をふいに目にして、驚きました。
 もう、この季節が来たのですね。どこかでは、今日、春一番も吹いたらしいです。
 
 でも、まだ本当の春ではありません。本当の春が来ると、わたしの足のしもやけが治ります。つまり、しもやけが治ったら春なのであり、春が来たらしもやけが治るわけで……、だからまだ、本当の春ではないのです。
c0097620_2212434.jpg
 
 ひと枝いただいて大喜びしました。大人になるにつれ、好きになったお花です。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-03-06 22:00

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧