タグ:桜 ( 48 ) タグの人気記事

魚見桜 2012

c0097620_18463986.jpg

 魚見桜に行ってみました。
c0097620_18464656.jpg
(2012年3月30日)

 去年はたしか、目をそらしてしまった魚見桜。咲いていなかったのもあったけれど、それだけじゃないのです。
 老木になり、支えをした姿は、嬉しいものではなかったからです。だけど、考えてみたら、人もそうなるわけです。わたしもそうなるわけです。老いてなお美しい、とか、美しく老いるとか、どういう意味だろうと、魚見桜を前に人と比べて考えてみた、2012年、春のトリでした。

 同じ広場内にあるちいさな桜は、葉も出ていたけれど、まだ美しく咲いていました。
c0097620_18465888.jpg

 たいてい、ほかの桜が咲いたときには、ここの桜は終わっているのですけれどね。ことしは、とても遅いのじゃないでしょうか。
c0097620_1847671.jpg

 雨になりそうな夕方でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-03-30 19:00 | Comments(0)

いちばん桜、みつけました

 わたしには桜の名所でもある、大分県立図書館。

 にちようび、閉館後の静かな時間。だあれもいません。
c0097620_21374287.jpg

 どこかにいちりんでも咲いていないかと、さがしました。
c0097620_2137515.jpg

 いまにもひらきそうなのを見つけたので、期待してさらにしつこくさがしたら、
c0097620_2138431.jpg
 
 ありましたよ!
 いちばん北の列の、東から6本めの木です。
 よく、いちりん咲いていたら、十も二十も咲いていると言いますが、たったいちりんでしたよ! 
c0097620_21381318.jpg

 桜を記念して……ではありませんが、桜のケーキを買って帰りました。
c0097620_21382318.jpg

 実は、祖母の生誕百年を理由に、ひさしぶりに( かな?どうかな )ケーキを買って帰ろうと思ったのです。祖母はもう天国住まいなので、祖母の分もわたしがいただきます。


 
[PR]
by wannotomarigi | 2012-03-25 22:00 | Comments(2)

桜の紅葉

桜の葉の紅もいいですね~。

中でも、大分県立図書館の桜はいいです。
碁盤の目のようにに並んだ桜です。
c0097620_21302017.jpg

さくらんぼみたいな色。
これを見ると、また一年たったと思います。

さいきんは、宮崎県の椎葉村の椎葉クニ子さんというおばあさんの本をかりて読みました。
NHKの放送で見て、興味を持って。

番組の語りはカタツムリ。
焼畑と言って、山を焼いてそこに畑を作る。
それを繰り返して暮らす。
そんなクニ子さんの生活を追ったものでした。

本は、クニ子さんの語りをそのまま書き連ねたもの。
読んでいると、クニ子さんの声が聞こえて来るようでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-24 21:30 | Comments(0)

まだまだ咲いています

きのうの桜。
c0097620_20593141.jpg
夕方の空に白いお月さんが目立つようになりました。
春の満月も楽しみー。

今日の桜。
薄緑がきれい。
c0097620_20594220.jpg
鬱金(うこん)桜っていうんだったかな。

そして、次はこんな季節なんですねー。
c0097620_213432.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-14 21:00 | Comments(0)

ラクテンチ、満開です

別府市の定番遊園地、ラクテンチ。
満開でした。
c0097620_21581821.jpg
つり橋からの景色です。
いいですね、ラクテンチの桜。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-10 22:00 | Comments(0)

京都大学地球熱学研究施設、の桜 ( 別府市 )

別府市の富士見通りを、山に向けて上っていたら右手に発見。

京都大学地熱研究所の桜。
建物のレンガと似合っていました。
c0097620_20543213.jpg
信号待ちの間に、急いで撮りました。

この研究施設は毎年、小学生が夏休みに入ってすぐくらいのときに、一日だけ、一般公開を行います。
レトロな建物も、日ごろの研究内容を伝えようとする研究者の雰囲気も、とてもよいのです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-09 21:00 | Comments(2)

別府の湖の桜

今日の志高湖の桜は、こんな感じ。
1分咲きにも届かないくらい。
c0097620_21125647.jpg
では、まいりましょう。
湖を時計回りでご案内します。
c0097620_2118162.jpg
まず、ポプラが一本。
これを見るのをお忘れなく。
c0097620_21183966.jpg
c0097620_21184780.jpg
いいなあ、まつぼっくりのついた松の木は。
c0097620_21185638.jpg
向こう岸をぐるりと歩いて終わりごろに鳥居もあります。
だれかがマジックで書いたような、鳥居。
c0097620_2119415.jpg
いろんなものをはしょりすぎのご案内でした。
肝心の湖をあまり撮ってないようでした。

湖のあひるのボートからは、きゃあきゃあ聞こえていました。
春休みだというのを忘れていました。

ゆっくり歩いて30分ほどでしょうか。
市街地から、15分ほどのところに湖があるっていいと思いません?
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-06 21:25 | Comments(2)

桜の樹の下には、

この、
c0097620_2141545.jpg
桜の樹の下には、
c0097620_2142130.jpg


c0097620_2142627.jpg

花びらが !
c0097620_214328.jpg

別府は満開を過ぎ、これから散るところです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-06 21:00 | Comments(0)

竹田階段シリーズ2~岡城址の桜編

岡城址のつづきをすぐ書くつもりが、ほかのことばかり言ってて、おそくなりました。

しかも、階段シリーズに化けています。

豊後竹田、岡城址の入城料は、三百円。
三百円と引き換えに、これを渡されます。
c0097620_20344642.jpg
巻物になっているのは、地図です。

この三年ほどは、一年に一回くらいのペースで来ているので、よそさまのおうちですが、配置図を覚えてしまいました。
だから、今回はもう広げませんでした。

それになんと言っても、巻物は、広げると、元どおりに巻くのがめんどうなのでございます。
わたしは、折りたたみ傘はもちろん、ふつうの傘も、きちんと巻くのが苦手なのでございます。



   ж   ж   ж   ж   ж



最初にちょっとしたゆるやかな道を歩きます。
戻ってきた人たちが、出入り口のお店のしいたけの佃煮とお茶攻撃を受けるのを見ながら。

ゆるやかな道をすぎると、すぐ階段が現れます。
忘れていましたが、この階段はちょっとしんどい。
降りてくる人たちの、しかめたお顔を見て、ああこの階段があった、と思い出しました。

最初の階段を撮る余裕はありませんので、かわりに、というわけではありませんが、このたんぽぽ階段をご紹介します。
c0097620_20345371.jpg
たんぽぽが、なんだかキノコのよう。

とにかくこのお城は、上ったり下りたり。
c0097620_2035053.jpg
なぜこんなに段差をつけたのかしらと思う下りるのがおそろしいほどの階段もあります。

こんな階段いやだという人は、そっちのほうには行かなければよいので大丈夫ですよー。

これも桜?
c0097620_2035921.jpg
芽キャベツを思い出す、大きなつぼみ。

とにかくひろびろとして、お散歩がてらのお花見にはとてもよいところ、最初の避けられぬ階段をのぞけば。

この、石は昔からあったんでしょうか。
c0097620_20351776.jpg
なんのために?
ガードレール?
昔の夜は、まっくらだったんでしょうね~。
馬もカッポしたのでしょうか。

とか、考えながら歩くのです。

あーっちの桜の見えるところまで、歩くんですよ。
c0097620_2035266.jpg
全体的にはのどかです。
c0097620_20373627.jpg
文字通り、裏口入門する方もいるようでした。
そちらは、どこかからか車でのぼれるようでした。

正規の入城方法ではないようでしたが、徒歩が困難だという場合、裏口入門する手続きを取るのがよいのではと思います。
最初の階段を、杖二本で上る方もいますが、本当にたいへんそう。
c0097620_2035408.jpg
でもね、おすすめの場所です、ここは。
c0097620_2035478.jpg
また、階段があるのを忘れたころに、行くんだろうなあ、わたし。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-05 21:00 | Comments(2)

竹田階段シリーズ~歴史資料館近く編

竹田の歴史資料館から出ようとして、脇に階段があるのを見つけました。

ちょっとのつもりで上ってみたら、
c0097620_20285431.jpg
どんどんつながっているんです。

はじめ立派だった階段も、だんだんあやしくなります。
c0097620_2029157.jpg
小学校低学年のときにのぞいた鏡を思い出す、歯抜けた段々。

途中で見た白いお花。
c0097620_2029940.jpg
早くも、本日のベスト1ではないかと思う可愛らしさ。
これから岡城址に向かうというときに。
c0097620_20291785.jpg
これは桜じゃないのでしょう?
お花と同時に葉も出ています。
c0097620_20292417.jpg
階段を、上り口とは違ったほうへ降りていったら、遊具のある公園がありました。
花びら五つそろえたままの桜が、水路にたくさん落ちていました。
c0097620_20293316.jpg
公園に、男の子が犬と一緒にやってきました。

わたしは横目で見ていましたが、犬が水道の前で立ち止まるから、男の子は、水を飲むのかと聞いて、蛇口をひねっていました。
もういい?と聞いて、( たぶん犬がもういいと言ったので、)男の子はまた蛇口をひねって、「 もう帰ろう 」と言っていました。

いいなあ、あんなふたり組みは。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-04-04 20:20 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧