タグ:本とか音楽とか ( 4 ) タグの人気記事

小林道夫さんのゴルドベルグ変奏曲

はじまる前からよい雰囲気でした。
c0097620_21471332.jpg
ざわざわと、なごやかに、それぞれの興奮あり。

先日書きましたが、小林道夫さんは、このゴルドベルグ変奏曲の演奏会を1972年に東京で始めました。
以来、毎年12月に演奏会を開き、30回目、35回目を数え…今年は何回目になるのでしょう。

とにかく、今年は、東京でなく湯布院のアルテジオであるのです。
わたしは、どうしても行きたい!と思いました。

もし雪になったら……交通の不便なこの土地……電車に2本乗って、あとは駅から歩く。
でも、大丈夫でした。晴れました。
湯布院はやっぱり寒いからか、この夜にしもやけが成長しはしましたが。

先生は、チェンバロを奏でるまえに、声も豊か、そしてユーモアたっぷり。
その声による、音楽家……バッハや、曲の解説は、興味深いものです。
当時のことを、あれこれ想像します。

アルテジオは、大きなホールと違って、そういうのにはよい空間です。
それに、見渡しただけでわかる、観客のみなさまの個性豊かなこと!
贅沢ね、生で聴けるなんて、という声も聞こえてきます、まったく同感です。

市内のホールでも思うのですが、同じ空間が、これから起こることの違いと、そこにいる人たちの気分で、こんなに変わるのはおもしろい!と思うほど、変わるものですね、その空気が、雰囲気が。
c0097620_21472122.jpg
さて、ずいぶんと、ミーハー気分で、椅子におさまっていたわたしですが、だいたいこの曲はとても好きで、グールドの有名な二枚と、マライ・ペライアとトン・コープマンのが手元にあります。

おおまかに、演奏時間のみで1時間弱くらいと思っていたけれど、帰りに、外に出て時計を見たら、ちょうど二時間でした。

二時間も経過していたとは!
ここちよい時間でした。

考えてみたら、ゴルドベルグ変奏曲を会場で聴いたのは、はじめて。
c0097620_21472970.jpg
ああ、よかった。行ってよかった。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-30 22:00 | Comments(0)

口実じゃないよ

カーテンを洗おうと思ったけど、
c0097620_11202015.jpg
今日はやめておこう~。

曇ってきたし……

さいきん、この本を読んで、じゃなくて、読もうとしていますが、どうしたわけか、なかなかすすみません。
c0097620_11202913.jpg

著者の森山 徹さんという人は、へんな人じゃなくて、信州大学でいろいろ研究している人らしいです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-29 11:24 | Comments(0)

小林道夫さんのゴルドベルグ変奏曲、ことしは湯布院で

c0097620_21174041.jpg

小林道夫さんがゴルドベルグ変奏曲の演奏会をはじめたのは、1972年だそうです。
毎年、東京でしていたのを、ことしは湯布院で。
c0097620_21175166.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-26 21:20 | Comments(0)

はじめてのオペラ

季節がまだ、芸術の秋だったころ、
c0097620_18124161.jpg
はじめてのオペラにでかけました。

椅子にこしかけて、まわりを見渡して、初めて思ったのですが、
『 オペラって、いつ拍手するんだろう!?』
それまで、なんにも考えていなかったんですねー。


バレエの場合、ブラボーな舞のあったときには拍手しますよね。
バレリーナがぐるぐると回転している最中でも拍手します。

わたしは以前、この目で見たのですが、テノール歌手錦織建さんが、バレリーナのようにくるくるくるくる回りながら歌っているときも、客席は拍手カッサイしました。
わたしも、つられて、拍手カッサイしました。
あのとき( もうだいぶ前ですが )周囲は、立派なおばさまと、付属のご主人たちで客席は埋め尽くされており、わたしはこれまでの人生で二番目くらいにバチガイさを感じました。
わたしも早く、あのような立派なおばさまになろう、とそのとき決心したのでした。

交響曲、ピアノ曲そのほかの音楽会なんかの場合は、どんなに感動しても、なにがあっても、途中では絶対に、拍手しません。

曲の途中はもちろん、三楽章ある場合の楽章の合間にも絶対に拍手はしません。
もし、途中でだれかが間違えて拍手した場合は、そのほかの人たちは、思わず息をのみます。

その代わり、終わったとたん、最後の音の余韻が消えたか消えないかのうちに、数人が、堰を切ったように手をたたきます。
大きな拍手。
あの人たちは勇気があるなあといつも思う。
ブラボーと言って立ち上がるのも、このとき。

オペラはいつだろう?

それから、外国語だからと、最初からいろんなことはあきらめていました。
英語ならまだしも、それ以外の外国語は、真剣に聞いても無駄ですし。

ストーリーを大まかに理解してたら、いいわ、くらいに思っていました。
今日のは悲劇、ヒロインのトスカは最後に死ぬ、ととても大まかに。

ところがこれは、両脇に電光板の字幕が立っていました。
縦書きの。
それがある以上は、ひと言ずつ全部読まねばならなくなって、忙しい思いをしました。

オペラは、オペラだから、ぜんぶが歌。
わかっちゃいたけど、目の前で観て改めて思いました。

『 小鳥はとっても歌が好き ♪
母さん呼ぶのも歌でも呼ぶ ♪ 』の歌そのものに、ぜんぶ歌です。
もどかしいほどにぜんぶ歌。

歌声は、終始うるわしいので、縦書きの電光板に文字が現れなかったら、
『 筆を取ってくれ 』と言ったとは思えないほど。
すべてが、愛の言葉のように聞こえます。

さて、わたしの疑問の拍手のタイミングは、だいたい、一幕終わるごとと、ヒロインが一曲歌い上げるごとにするようでした。
一度、歌が終わったと思った人の早すぎる拍手もありました。

はじめてのオペラに、妙なところに興味をうばわれ、芸術的関心はどこかに置き忘れて出かけたらしかったのでした。

おしまい。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-27 22:00 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧