タグ:景色 ( 26 ) タグの人気記事

ぷち現実逃避のドライブ

 にちようびの夕方。豊後高田へドライブ。ドライブはちょっとひさしぶり。めざすは、いつもとちょっと違う景色と、パンやさん!
 
 まずは国道を通ってまっしぐらにパンやさん。
 すでに夕方だから、すこしでも早く行かないとなんにもないかもしれない。

 このパンやさんは、マヨネーズも小豆アンもちゃんと作っていて、カレーパンのカレーもカレー粉とスパイス。ルーじゃないのがわたしにはホントにホントに嬉しい。パン粉も買うことが出来ます。お料理の本を見ていると、食パンでパン粉を作ると書いてあるけど、パン粉って、自分で作ろうとすると、実はとても難しい。少し秋めいて空気がかわったこの日は、フランスパンとデニッシュ生地がよく出来たのだそう。大きなフランスパンと、店名のアルフォンソを名前に持った食パンと、デニッシュ生地の甘いパンにチーズのタルトに、とあれこれ買って、今度は帰途。
 
 もうすぐ日没という時間。今、思い出してみると、雲が分厚かったのでしょう、太陽はどこにもありませんでしたが、海がひかってきれいでした。真玉の干潟がしましまに現れ、ひとがたくさん。
c0097620_23162238.jpg

 海辺の夕焼けというのはきれいなのですね。あらためてそう思いました。わたしの町では、夕方の太陽は、西の山にあっけなく沈んでゆくので、夕焼けに感動することは少ない気がします。
 これだけの夕焼けがまいにち繰り広げられるとなると、夕方の空から目が離せなくて、わたしだったら、困る。

 夕焼けも終わりかけた時刻の長崎鼻のひまわり畑。
c0097620_23165055.jpg

 この夏はひまわりを見なかったと思っていたのに、突然のチャンス!これで夏を終えることが出来た!

 海もいいけれど、山もいいんですよねえ。このあたりの山は、まるっこくて、絵に描いたへんてこりんな山が実際にある、というようなかたち。日本昔話に出てきそうな山です。のどかです。
c0097620_23163749.jpg

 夕焼けのあとは暗くなるということを、暗くなりはじめてから気がつきます。このあとはまじめに帰りました。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-09-04 23:15 | Comments(7)

ことしの初詣

二社目でございます。

先日、お正月ドラマだといって、「 大友宗麟 」をNHKで放送していました。
わたくし、大友宗麟のことを、あまりよく知らないのでよい機会、と見ていましたら……

うわ~!

と思わず、叫んだ景色が、目に飛び込んできました。
それは、海の神社。

でも、大分でこんなの見たことないし、番組用作り物か、どこか他所で撮ったのね。
と思っていたら、どうやら、本当に、ちゃんとあるらしいのです。

行きましたよ。




神社って、どこから入場してよいか、迷います。
きっと、その道の人には、常識的なことなのかもしれないと思うのですが、いつも考えてしまいます。
それに、この神社には鳥居が多かった。

電球をぶらさげたこの鳥居から入ることにしました。
c0097620_22523371.jpg
参拝し、自動販売機に本年の運勢を見てもらったあと、後ろを向くと、

また鳥居があって、
c0097620_22504448.jpg
もうふたつ鳥居があって、
c0097620_2250534.jpg
その向こうは海。
c0097620_2251092.jpg
そして、鳥居には、ここお決まりの電球。
c0097620_2251712.jpg

テレビで見たのは、この景色でした。
( 本当だった! )
c0097620_22512818.jpg
この神社で目立ったのは、電球と、こんな松の木。
c0097620_22512161.jpg
ことしだからそう思うわけですが、竜みたいです。

歩いていた道をさえぎっている竜もいました。
くぐるべきか、飛び越えるべきか?
c0097620_22511258.jpg
杵築の奈多海岸にある、奈多(なだ)宮でした。

奈多海岸も、なだかいがん、って読むのですね。
知りませんでした。何度も何度も通っているのに。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-01-08 22:50 | Comments(0)

息が白い塚原高原

大分県北西部を、山々を眺めながら走り、夕方湯布院を通過。

由布岳はだいぶ紅くなりましたね。
耶馬溪の景色よりも紅い気がしました。

日中は、歩くと汗が出るくらいだったのに、湯布院の気温の低さ。
湯布院でも標高の高い塚原高原では、もう、息が白いのに驚きました。
それも、はあっ、と白く吹き出そうするのではなく、ただのおしゃべりの息が。
夕方、これくらいの明るさのときに。
c0097620_2153467.jpg

冬みたい。
10月最終日のことでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-31 21:50 | Comments(2)

と、ある

ここ。
来るたびに、麦穂の色がかわっているのが楽しみ。
c0097620_19522742.jpg


c0097620_19523641.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-05-15 19:50 | Comments(4)

日出町豊岡の魚見桜

去年の春は、早すぎるかなと思っていたのに、もうすっかり終わっていて、花びらの跡形さえなくなっていたので(だから、最初はこれからかと思ったほど)、ことしはもっと早めに、どんな感じかと行ってみたら、
c0097620_23121481.jpg
まーだ、まだでした。
帰りにラジオで、
「 お花見はまだ気が早すぎますね 」と言ってたので、それはわたしのことだと思いました。

この桜は、魚見桜のお隣にたつ小さな桜の木ですが、魚見桜も同じころに咲くのではないかと思います。
3月1日のつぼみの様子です。
c0097620_23122895.jpg

菜の花って、いかにも春らしい。
c0097620_23123616.jpg

新春いちばんの印象の水仙も咲いていました。
c0097620_23124360.jpg
足元には、わたしのいちばん好きなお花 ( の中のひとつ ) のイヌノフグリ系のお花がたくさん咲いていました。
c0097620_2313916.jpg

これは、梅ですか。
c0097620_23125429.jpg

魚見桜の木は、背が高く、かなりの老木です。
いつまでも元気でいてほしいと思わず願いたくなります。
c0097620_2313228.jpg

この有名な桜は、あまり広くないところにたっていますが、ここからの景色は海も見えてひろびろ、のどかです。
c0097620_23132094.jpg

右手の三角の山は、おサルの高崎山。
c0097620_23133138.jpg

こういうところの桜は、いいですね。
桜も嬉しいんじゃないかと思う。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-03-05 23:00 | Comments(0)

夏至も過ぎて

夏が来る前に、日がだんだん短くなるというのも、へんな気がします。
お日さまギラギラの夏は、これからなのに~。

それに、夏至のきのうは梅雨の真っ只中で、明るい夕方を満喫できませんでした。

なので、今日はトリひとり、青空を懐かしむ会、開催。

これは、十日ほど前のこと。
憂鬱な買い物に向かっていました。
空は、とってもきれいでした。
c0097620_23311551.jpg
お店が近づくと、どんどん気持ちが沈みます。毎度のことです。
買い物する必要があるんだろうか !? などと考え始めます。
今すぐUターンしてもいいんじゃないだろうか ? と考えていたころ、黄色と水色のきれいな空、発見。
c0097620_23312513.jpg

しかも、空の下に並ぶのは、由布、鶴見、高崎のみっつのお山。
勢ぞろいだわ~。

由布岳の上にはシューッと飛行機雲。
目の前には、金色の田んぼ。
ああ、いい景色~。
c0097620_23313484.jpg

としばらく見ていたら、気分がよくなりました。
買い物の憂鬱も晴れました。
夕方7時頃のことでした。

さて、買い物のあとはすっかり夜。
自動販売機で買いました、エスプレッソ・ティ !
ティ !?
c0097620_23314238.jpg
そもそもエスプレッソってどんな意味でしたっけと ( エキスプレスみたいな意味では ? ) 思いながら飲んでみますと、
たしかに名前の印象通り、エスプレッソコーヒーみたいに濃いミルクティでした。
濃くて、紅茶の渋みたっぷり。

紅茶って、2杯目のとき、しゃべりすぎて渋くなっても、ミルクを入れると、渋みが消えるものです。
でも、この缶は、しっかり渋くて、渋みエキスってものがあって、それを一滴入れたに違いないというような紅茶でした。
c0097620_011588.jpg

青空にすくわれた日のお話でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-06-22 23:30 | Comments(0)

薄みどりの桜花

ほかの桜が散りゆくころ、
c0097620_2314527.jpg
境川沿いで、薄みどり色の桜が咲きます。
c0097620_23172046.jpg

ほんのり、みどりでしょ ?
c0097620_23142856.jpg
これはピンク。
c0097620_23143935.jpg
これはみどり。ね ?
c0097620_23145697.jpg
むこうに見えるのは、おサルの高崎山。
c0097620_2315541.jpg
もう5時なのに、景色はまだ、ゆうがた色ではありません。春です、ずいぶん明るくなりました。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-04-07 23:30 | Comments(0)

春ドラ

春ドラって、春のドライブのことです。
ふだん、短縮はあまり好きでもないのですが、短縮してみました。
春ですので。

いつもは店内でのむコーヒーを、はじめてのテイクアウトに。
春ですのでー。
c0097620_2035013.jpg
中身は、見えませんけれど、キリマンジャロの中煎り。
これが、とてもおいしくって。

通ったことのない道をドライブ。
春ですのでーー。
c0097620_2035840.jpg

菜の花と、杉の木が、春のゲイジュツ作品のように見えました。
c0097620_204752.jpg

突然、牛ちゃん !
c0097620_2041616.jpg

ずっとこちらを向いてくれてたラブリーちゃん。カワイイお耳。
c0097620_2042575.jpg

水面がきらきらしていたり、もうすぐ咲きそうな桜があったり。
春ですねーーー。
c0097620_2043467.jpg

別世界に来たような気がしたのは、はじめての景色のせい ?
c0097620_10334542.jpg

さあ、帰ろう。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-03-27 20:00 | Comments(2)

Somewhere over the rainbow ♪

somewhere over the rainbow
skies are blue~ ♪

みんなが知ってる 『 オズの魔法使い 』 のあの歌。
虹といえば、あの歌。
なぜ空に複数形があるのかと思った、あの歌。
c0097620_20241779.jpg
ふと後ろをむいたら、虹が出ていました。
想像していないものが目に映ると、おどろきます。
どんより曇ったいちにちに、光がさしたようでした。
歩いたらずいぶん時間がかかりそうな長い虹でした。

虹はそのうち消えて、いつもの空に戻りました。
虹があるのとないのとでは、こんなに違うものなのかと、もう一度おどろきました。
空の広さがかわったように見えたんですよー。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-03-15 18:30 | Comments(0)

春の夕日

秋の夕日は落ちるのがはやいというけれど、
c0097620_2084222.jpg
春の夕日も待ってくれません。
春というには、まだはやいかな~。
c0097620_2085655.jpg

お野菜を買いに行った帰りに見た景色です。

カフェで見た季刊誌で、おいしそうなけんちん汁を見つけ、そうだ、ゴボウをたくさん入れてけんちん汁を作ろう !!
と、お野菜販売所に寄りました。

そこで理想のゴボウには出合わなかったけれど、ちょっと太めのお大根に、ひとめぼれしました。
聞いてみると、聖護院大根でした。
はずかしい質問をした気がしたけれど、わたしの脳内お大根名鑑にはまだないような、そんなかたちの聖護院大根。
聖護院大根と言えば、ふつうは、限りなくカブに近いはず。

そのあと、ゴボウはスーパーで買い、ふとお味噌もいれ、出来上がったそれは、豊後汁ふうのものでした。
いつの間にか忘れられたけんちん汁。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-02-20 23:30 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧