タグ:季節 ( 83 ) タグの人気記事

朝、ちょっとだけ冷えました

いよいよこれから寒くなるんでしょうね。
ニュースでいうほどの冷え込みは感じなかったけど、室内が14度。
c0097620_17551934.jpg
空気が冷たいからか、朝の空がいちだんときれいに見えました。
おまけして、飛行機雲がやたらと走っていました。

日暮れどきも、空の色が変わってゆくのが美しく、わたしのらくだ山も、夕空に映えていました。
c0097620_17552844.jpg

さいきんいっそう、らくだらしくなったと思うんですけど。
c0097620_17573071.jpg
こぶが、前よりはっきりしてきたと思いません?
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-16 18:00

金木犀前線。

昨夜、暗くなってから、匂いが届きました。
わたしの鼻先まで。

金木犀が匂いはじめるときって、なにか、ビンの栓をぬいたみたいです。
金木犀解禁、シュポン !! とばかりに。
昨夜は、気のせいかと思うほどかすかだったのが、今朝はもう、そこら一帯に充満しているようでした。

夕方になって、昨年見つけた木を見に行きました。

木は、いよいよこれから咲くところなのだと言っていました。
c0097620_21185411.jpg
そのうち、木全体が橙色になりますね。

途中で見かけたヒガンバナ。
c0097620_2119817.jpg


苦手だった金木犀が好きになり、嫌いだったヒガンバナが、なんとなく気になるようになり。
こういうのは、なんのせい ?

大好きだったカツ丼は、今も変わらず好き。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-09-28 22:00

アサガオのふたば

アサガオが発芽しました。

きっとアサガオでしょう。
種をうめこんだ記憶があるから。
( いつごろだったかは、覚えていないけど )

オレンジ色の小さなアサガオなんですよ。
なんとかっていう名前の。
c0097620_21471615.jpg

三日くらい前から、畑の上を、とんぼがたくさん飛んでいます。
( うちの畑じゃありません )
赤とんぼに見えるけど、気のせいかな。

秋の気配かなと期待したら、今朝は、ホーホケキョホーホケキョと連続して聞こえていたし、お昼には、ときどき、ミンミンゼミが鳴いています、さいきんではめずらしく。
( 地球がよくなってきたのかな )

わたしはというと、タタミの上にばったりたおれて、夏負け中です。
ゴーヤも牛乳も、なんにも効果なし。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-07-30 20:30

春の風物詩

今日は、晴れ、高気圧がなんとかかんとかで安定したお天気、とニュースで言ったので、外にいろいろ干して出かけました。

帰ったら、みんな灰をかぶっていました。

「 安定したお天気 」というフレーズを気にいったのはわたしだけではなかったのです。

夕方、春の夕暮れ散歩と題して出かけたら、アスファルトのあちこちにも、灰がころがっていました。
c0097620_21212238.jpg
野焼きの灰を見ると、春が来るのだと感じます。
c0097620_21213234.jpg
今は、こんなスミレもあちこちに咲いています。
c0097620_2121512.jpg
上を見たら桜です !
開きはじめたらとまりません。

今年は、わかってはいたけど心の準備が出来ないままに咲いたという感じ。
みんなが、一瞬でも桜を楽しめますように。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-03-30 21:20

今日は暖かでした

原発の問題で、水道水を安心して飲めなくなっているところに、友人が住んでいます。
その友人の友人に乳児がいて、ミルクを作るのにペットボトルのお水を買いに行くけど、どこにもない。
お店にもない、自動販売機にもない、一本もない。

九州にいるわたしに、もし、箱単位で買うことが出来たら送ってほしいと言ってきました。
そういうことを今までに言ってきたことのない友人だから、緊迫したものを感じました。

こちらでは、冷静に行動すること、物を買いだめしないこと、そういうことが被災地に対しての協力のひとつ、という意識を持っています。
でも、お水は必要 !
複雑な気持ちでお店に行きました。

やっぱりお水はありませんでした。
ひとり三本まで、と書いてある空箱があるのみ。
聞くところによるとどこにもないようです。
残っているのは、オレンジなどの香りのついたお水。

本当にお水が必要な人の気持ちを考えると、焦りを感じます。
みんなにいきわたらないかもしれないお水を、独占して買うということにも、そうしようとした自分にも苛立ちを感じます。
お水はだれにでも必要です。

さいきん、考えごとをしたいときに、歩きます。
でも、実際は、歩くと頭が空っぽになるのです。

落ち着くこと、平静にしていることも大事だと思ったけど、どうもうまく行きません。

今日は、昨日とは、うって変わって春が近づいているんだと感じるお天気でした。
c0097620_19512094.jpg
c0097620_19513097.jpg
c0097620_19514056.jpg
桜ももうすぐです。
c0097620_19514760.jpg
c0097620_19515857.jpg
c0097620_1952914.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-03-27 19:50

しもやけに効果大、シルク100%の5本ゆび靴下

まるでわたしが、靴下を売り出そうとしているかのような題名です。
それにしちゃあ、春も間近になってからでは遅すぎますね。

10年かもっと前に、5本ゆび靴下をはいたときは、足がつめたくてつめたくて、わたしにはだめでした。
だから人が、「 5本ゆび靴下いいよ 」 と言うのを聞いても、わたしにはだめなのよね……と思っていました。

ところが、友人との会話がきっかけで、興味を持ちました。

「 結局、しもやけって汗のせい 」
「シルクだと、吸収性もよく、通気性もよい 」

なるほどと思いましたよー。
だって、わたし、足にもよく汗をかくんです。

そして、この冬のはじめ頃、体育館で運動した日に、しもやけが急増しました。
汗をかくくらい体は温まり、寒くなったりもしなかったのに。
やっぱり汗なんですよね、しもやけの原因のひとつは。

温まるとかゆいし、眠るときはつめたくて痛くて眠れないし、これはもう、とにかくシルクの靴下を試してみよう、と思ったんです。

では、ちょっと失礼して。
c0097620_22315825.jpg
( これはつま先用ですけれど、くるぶしまでのを一日はきました。)

しもやけって、ちょっと足がつめたいなあと思っていると、すぐ増えます。
シルク100%の5本ゆび靴下をはいてみると、1時間もしないうちに、なんだかいい感じになりました。

わたしの場合、決して、足が温かい、とは感じないのです。
なんだか、気持ちよいのです。
足が気持ちよいからか、体全身、快適な感じがしました。

体が温かいと、ふつう足には汗をかくわたしですが、シルク効果で、足がさらさらなのです。
ふつう以上に、さらさらなのです。
テンカフン ( ベビーパウダー ) をはたいたみたいに。

その日のうちに、しもやけは、全部、しずまってしまいました。
これは、すごかったですね。

(わたしのしもやけは、指の先、側面、つめの間に、紅い点々ではじまります。
重症のしもやけではないと思います。
ぷくぅと腫れ上がるくらいまではいきますが、つぶれたりはしません。)

ナイガイの、くるぶしまでのが1050円でした。
c0097620_2234411.jpg

これで、出かけるときも足先が快適なのですから、ありがたいです。

ところが !

わたしは3足持っていて、朝も夜もそれを順番にはいていたのですが、2週間くらいたったとき、ぷっつり、という感じで、靴下効果が、半減しました。

思うのですが、シルク感がなくなったのです。
はじめ、つるつるさらさらしていたのが、まるで、綿の靴下のようになってしまいました。
それでも、むかし試してみた、綿のものとは違って、はかないよりはいていたほうがよいのですが。

( でも、綿の5本ゆび靴下が温かいという人もいますよ~ )

布のことにも詳しい人生の大先輩にそのことを話すと、

「 むかしは、絹の靴下と言ったら憧れのようなものでなあ。
洗うとなぜか、だんだん変わってたなあ。
しゃぶしゃぶ、と洗うくらいやなあ。 」

戦争も経験したわたしのこの先生とのお話は、いつも興味深く、楽しいのでした。

わかったことは、絹は、変わってしまうんだ、ということ。
洗い方で、シルク感が長持ちするかもしれませんけれど。

なので、来年は、シルク100%のものに加え、シルクと化繊混のものを試してみようと思います。
天然素材がよいらしいのですが、シルク感が2週間しか保てないとなると、ちょっと考えます。

余談ですが、右の足のゆびは最初の写真のように 「 パー 」 が出来ますが、左は出来ません。
c0097620_22333682.jpg
写真がぶれるくらい、真剣に力を入れてひらこうとしたのですが。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-03-10 22:30

おひなさま

先日つぼみだったクロッカス、ひらきました。おとといあたりに。
c0097620_22323936.jpg

おとといはお天気もよかったんです。

桃の節句の今日は、冬に戻ったような一日でした。
予報どおりに雪が降って来たので、おどろきました。

うちのおひなさまの一部です。
c0097620_22411082.jpg
だんだんは、わたしが子どものころに駆け上がって遊んだらしいため、ゆがんで組み立てられなくなり、お人形が手に持っていたいろんなお道具は、わたしがおままごとグッズに用いたらしいために、いろいろ足りません。

母はなぜ、そんなわたしを止めなかったんだろう。
止めたのだろうか。

人員点呼だけはとっていたらしく、メンバーはみんな健在です。
おひなさまは、おかっぱで、ちょっと怖いと言えなくもないお顔です。
c0097620_2241165.jpg

と、これは、ことしでなく数年前の写真を引っ張り出してきたんです~。

今日わたしは、おひなさまだから、「おでんやさん」に連れて行ってもらいました。
常連さんの集まるお店。
自然な雰囲気がよかったです。

おなじみの人たちが、集まるところってたいせつですね。
約束したのでもなく、気のむくときに行ってみると、だれか、いる。そういうところ。

たとえば高齢になってもそんなふうな場所があるっていうのが、いいなあ。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-03-03 22:30

はなみずに 『 べにふうき茶 』 効果ありだと思います

十日ほど前に購入していました、べにふうき茶。
c0097620_12315718.jpg
花粉症の鼻水を止めるらしかったので。

わたしは、花粉症といっても、ひどいほうではないと思うんです。

それでも、壊れた蛇口のようになった我が鼻や、かゆかったり、しばしばしたり、ごろごろしたりする眼球には手をやきます。
顔の、副鼻腔(ふくびくう)の通っているところを、わたしは 「 ふくびくう沿線上 」と呼んでいますが、そこがかゆいし、ときには痛いし、そうなると前歯までうずうずします。

それに、なんと言っても、だるくてしんどくて気合が入らなくて、頭が回らなくて、なんにもしたくないよう、という気持ちになるので困ります。

社会的生き物になるときには、残り少ない気合をかき集めてがんばりますが、気合じゃどうにもならないのが、壊れた蛇口と化した鼻です。
ぽたぽたぽた……。
片栗粉をつめたら、トロミが出ていいんじゃないかと思ったこともあるほど。

アレルギーのお薬は効きますよ。
乾燥剤を飲んだみたいに鼻水がとまります。
でも、声もがらがらになって、耳も聞こえにくくなって、頭の水分もなくなってしまったかのように思考が停止します。
お薬にもいろいろあるはずだし、きっとわたしにもぴったりのお薬があるのでしょうけど、今のところまだ出会えていないのです。( この春にも出会いたいと思い続けています )

だから、とにかく( ごちゃごちゃ言ってないで )「 べにふうき茶 」買ってみました。
どうせだめでしょうと、思いながら。

茶葉はこんなのです。
c0097620_12324100.jpg

三角の袋に2グラムずつ入ってます。15袋で500円くらいでした、たしか。

熱湯で入れると、より多くの有効成分がお湯に溶け出すらしいです。
c0097620_12321362.jpg

ひとくち飲んで、おいしいとは思いませんでした。
でも、何度か飲んでいるうちに、いい味だと思うようになってきました。
「薄い紅茶のような味」、と思うこともあるし、「ほうじ茶のよう」だと思うこともあります。

肝心の効果ですが、わたし自身の人体実験結果によると、一度目のときから、なんだか効く、と思いました。
でも、たまたまかもしれないし、と思ったりもしました。
だけど、とうとう今日、きっとなにか飛んでいるに違いないと思うような鼻水が出始めたので、さっそく飲みました。
やっぱり効果、あります。
日常生活に支障がないほどの鼻水量に抑えられていると思います。

( だって、さっきまでぐったりしていたのに、お茶飲んで、ブログを書く気になり、このあと、活動開始しようと思ってますもん )

大分県のお茶の産地、杵築でも、このべにふうきできつき紅茶を作っていて、それはお店で見たことがありますが、緑茶になっているのは見たことがありません。
どこかにあるのだと思うんですけれどねー。

紅茶じゃだめなんですって、緑茶じゃないと。

あ、そうそう、そのありがたい有効成分というのは、
「 メチル化カテキン 」というので、この『 出雲国のべにふうき茶 』には、100g中に1.9g入ってるそうです。
量が問題らしいですけれど、わたしはこれでよいみたいです。

わたしはスーパーで買いましたが、
『 出雲国べにふうき茶 』の製造者は、島根県にある西製茶所
TEL & FAX 0853-72-6433 です。

これから花粉の季節です。
がんばりましょうねー。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-02-20 12:31

福はうち~♪

やっぱり、節分の定番は、豆まきでしょう !

今夜、近所から、
「 鬼は外~ ! 」
「 福は内~ !! 」
と大きな声で、大人の声が聞こえてきたときは嬉しかった~。
正しい大人の見本ですね。

あっちの家から逃げて来た鬼がどこへ行くか、気になるところだけど。

ざらざら、っと出してみました。

年の数より……多そうだな。
でも数えるのはよしておこう。
c0097620_2139572.jpg
わたしの中で大流行中の安心院の、しかも 「 大きな豆の木 」の大豆。
おいし~いんですよ~。

豆まきをする人、減ったように思います。
場所を選びますしねー。
それに比べると、恵方巻きを食べるのには、物騒のたねがないですよね。

それでも豆まきを忘れないでほしい、と思うわたし。

「 忘れないでほしい 」とか言って豆まきを支持しておいて、ロールケーキを巻くわたし。
c0097620_21402132.jpg

大豆じゃなくて、コーヒー豆を巻きました。
このところ、ロールケーキの練習をしていたわたし。
c0097620_21405652.jpg
小さな角が生えかけているようにも見えるロールケーキでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-02-03 22:00

梅のお花

咲いていました。


白いのと、

c0097620_2181361.jpg


紅いの。

c0097620_2182181.jpg

お花っていうのは、ホント和みます。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-01-23 21:10

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧