タグ:パン ( 22 ) タグの人気記事

Oni Pain Cafeの新作パン、ふたつ。

塚原高原のオニパンカフェ。

新作がふたつありましたので、うきうきとご紹介いたします。
c0097620_2313468.jpg

向こうのが、チーズの入った、素敵な名前のデニッシュ生地のパン。
素敵な名前は、あんまり素敵すぎて、わたしの記銘力では、太刀打ち出来ず。
でも、味はしっかり覚えました。
バリバリ感とチーズの醸す風味なのか、スナックみたいな感じが、説明書きの通り、ビールなどに合いそうでした。
パンチの効いた紅茶にも合いそうです。


手前は、「 かのこ 」 という可愛い名前のついたパン。
ソフトフランスのような生地で、外はパリッとしていました。
間からのぞいているのは、甘いバターのクリームと、ほんのり甘の黒豆さんです。
これはおいしいコンビネーションでした。


こちらは、冬の定番、網リンゴです。
c0097620_23131876.jpg

おリンゴのコンポートが、横たわるように網の中に入っています。
アップルパイを食べるみたいな感じです。

春が来るまえにオニパンのカフェで、ママのおいしい紅茶をのんで、パンを食べて……、と考え中 ♪
[PR]
by wannotomarigi | 2010-02-05 18:00 | Comments(2)

またマナ・ブレッドへ♪

別府市石垣にあるパンやさん、マナブレッド~Mana・bread~
c0097620_16103296.jpg

午後、いろいろ並んでいました ♪
c0097620_16101273.jpg

オーブンからも、焼きたてのチョコレートパンが登場して、それ ! くださ~い、 とひとつ。
そして、今すぐに食べなきゃ~! と、帰りの車の中でオナカにおさめてしまいました。
焼きたてのパンって、本当にいいです。

とにかくどれも、まず生地に、個性があると思います。
c0097620_16102658.jpg

c0097620_16101969.jpg

小舟のような形のパン・トラディショナルというのが、気になっております。
きっと今度は……♪

まわりはゴマ、素朴で、力づよくもある姿のは、ノア・カンパーニュというのです。
ノアって、箱舟を思い浮かべるけれど、なにか、名前に意味があるのでしょうね~。
c0097620_16104233.jpg
弾力のある、ふしぎなほど、あじわい深いパンでした。
レーズンが、懐かしいようなおいしさでした。
ナッツも入ってました。
また食べたいパンです。

長いのは、チョリソーで、ちょっとホットなソーセージ&マスタード。

それからそれから、このクリームパンは !!
c0097620_17344530.jpg
途中でちょっと失礼して、中はこんなです。
うわ、バニラビーンズを使ってるクリーム ♪
c0097620_17351825.jpg
充実の、クリームパンでした。
生地も、クリームも、充実していました。

こちらは、カゴに入っていた、ブロッチェン。
テーブルロールのような存在のパンなのだそうです。
c0097620_17353772.jpg
なんとも言えず、この姿、好きです。

パンやさんの数だけ、個性のあるパンが存在するんだなあって、うれしいです。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-01-20 23:30 | Comments(2)

別府に出来た新しいパンやさん~マナ・ブレッド

昨年11月に、別府市石垣に出来たパンやさん。
Mana Bread ~ マナ・ブレッド !!

パンやさんが出来たと聞いて、行ってみないわけにはいきません。
c0097620_23114559.jpg
この、葉っぱつきの黄色いテントのお屋根が目印になると思います。

Mana ( マナ ) というのは、 「 ハワイ語で純粋なエナジーが存在している状態を意味します 」 なのだそうです。

店主さんは、東京やハワイでパンの修行を、、、とにかく、気がついたらパンやさんになっていたんですって~。
ハワイでパンやさんですって、うわ~!!
変な質問、いろいろしました、わたし。
質問以上に、楽しい回答をいただきました。

素材や製法にこだわっています、と書いてありました。
作っている人の気持ちを感じる、個性的なお店のような印象を受けました。

で、そうそう、パンのことですが……これはアールグレイのパンです。
焼きたてです、いい香りでしょう~!?
c0097620_23115430.jpg

写真じゃ香りは届きませんか~。

ちょうどあと数分で焼きあがリますよ、とのことだったので、ちょっと待っていました。
オーブンから出てきたら、紅茶のよい香りがわたしの鼻にも届きました~。

あれもこれも気になるけど、やっぱり食パンも気になる。
わたしは、山高より、角食派。
c0097620_21375576.jpg

しっとり、しっかり、でした、この食パン。
いわゆる、リッチな配合の生地、だと思います。
( トリの言うことは当てになりません )
でも、しっとりしっかりは本当です。

また行ってみます。
今回は、四角いパンばかりを買いましたが、ほかにももっと、個性的なパンが並んでいました。

場所は、別府市石垣東です。
九州横断道路を山へ向けて上っていたら、左手に焼肉元相があります。
そこを別府駅方向へ(つまり左に)曲がり、次に、右手にみらい信金石垣支店を見たらその角を、海方向へ曲がる(つまり左です)と、さつま亭というお店がありますから、そこを北向きに(つまりまた左です)曲がって少し行くと、写真の葉っぱつき黄色いテント屋根が見えます。

割烹平家を知っている人は、わかりやすいです、さつま亭はそのちょっと山側にあります。

定休日は、火・木・祝日だそうですから、オープン日はそれ以外で……。(お休みは、月木祝に変わったのかもしれません。)
オープン時間は、10時から18時まで。
日曜日は、9時から開いて16時までです。
電話番号は0977-23-0306です。

トリの道案内じゃわからんという方はお電話なさってくださいませ。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-01-08 22:00 | Comments(4)

ゆふまき、ゆふぱん~道の駅ゆふいん

これ、とってもおいしかったです!!
また食べたい、サンドウィッチと、トルティーヤです。
c0097620_16232837.jpg
どんなのかといいますと~。

まず、《 ゆふまき 》
これは、クレソン生地のトルティーヤ。
c0097620_16233818.jpg

オリーブオイルで、トルティーヤを焼くのだそうです。
生地は、クレソン色で、きれいです。

材料は、レタス、キャベツ、長ネギ、キュウリ、タマネギ、ピーマン、ニンジン、マヨネーズ、ハムと書いてありました。
ずいぶんいろいろと入ってるんですね。

サルサソースとマヨネーズ、お野菜やハムの組み合わせと、トルティーヤの生地がよく合っています !!
この調和、とってもおいしく感じました。

また食べたい、ゆふまき。
食べごたえもあります。


こちらは、 《 ゆふぱん 》
このパンは、塚原高原のオニパンカフェのパンなのだそうです。
c0097620_1623479.jpg

しっかりとパンもあじわえ、中の具とよく合って、これもまた、とてもおいしかったです。

ゆふまきとおなじくあれこれ入ってて、それにチーズ。
そしてサルサソースにマヨネーズ。

このサンドウィッチもまた食べたい。

ゆふいん道の駅にもあり、中には、ペーパーお手ふきが入っていました。
ドライブの途中にもよさそうです。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-12-10 23:30 | Comments(0)

クリスマスが来るかも、その2 Onipain パネトーネ!!

湯布院・塚原高原のオニパンで、パネトーネを発見 !!

パネトーネやシュトーレンは、クリスマスが来るまで切り分けながら食べて、クリスマスを楽しく待つもの……なんですよね !?
c0097620_2151250.jpg

オニパンの角食パンとせいくらべしたら、ちょうど同じくらいの高さでした。

まわりの紙ははがさずに、紙のまま必要分だけカットしたほうが良さそう、とオニパンさんが話していた通り。
その通りだと思いました。
しっかり密閉しておくのがよさそうです。

翌日はじめて切ってみましたが、三日目に、急に、しっとりしたおいしさになった気がしました。
ドライフルーツもよりなじんで、あまさもしっとりした感じ。
あまさの感覚って人それぞれですが、パネトーネは、パンから一歩だけお菓子に近づいたような、ちょっとあまいパンだと思います。
c0097620_9295326.jpg

思ったより、たくさん食べられるので、困っています。
計算によると、クリスマスまで残っていそうにないので、また買いに行かねばなりません。

パネトーネをうちに持って帰ったら、クリスマスが来そうな、うれしい実感がわいてきました。

パネトーネは、もしかして予約していたほうが安心かもしれません。
オニパンカフェのホームページ、あります。
http://www8.ocn.ne.jp/~onipan/
[PR]
by wannotomarigi | 2009-12-09 23:00 | Comments(0)

シェ・トミタカ~パン編 !!

シェ・トミタカの棚に、パンが並んでいました !
c0097620_1849936.jpg

別府のつるりん通りにあった 『 3びきのこぶた 』 のパンが好きだった人にも、パティシエのつくるパンに興味のある人にも、朗報です。

じゃなくて、わたしが喜んでいるのでした~。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-09-22 23:00 | Comments(0)

休日びより

紅茶とラスク、とてもおいしかった。
あのラスクは、本当においしかった。
サクサクしてホリホリして。
c0097620_2304843.jpg

テーブルに、小さなこなを、たくさん散らして食べました。
c0097620_11512694.jpg

今日は空がきれいでした。
c0097620_11513751.jpg

あしたは雨なんだって。
雨ふりもまた、よし。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-14 23:30 | Comments(0)

Oni pain cafe de♪ lunch

7月のある日、塚原のパンやさんのカフェで待ち合わせ。
窓から外を眺めていたら、カッコウ、カッコウと聴こえてきました !

6月にもいちど聴いたような気がして、こんどはしっかり声を探してみようと思っていたのでした。
こんなにすぐ耳に飛び込んでくるとは。

ざあざあ降りの中、塚原まで来たけれど、もう静かな小雨になっていました。
カッコウは、どんなお天気の日にも鳴くのでしょうか。
鳥のことには興味があります。

さて !
ランチに来たのです。
前日までの予約でいただける、オニパンカフェのランチです。

どんなランチか、まったく知らないままに予約をしたのでしたが、このお皿がしずしずと運ばれてきたときは、うれしくなりました。
c0097620_23385745.jpg

黒胡椒、お塩を、適当にこりこりやってください、というママの説明に、なんだかたのしくになります。
並んでいるオリーブオイル、バルサミコ酢も。

このひと皿、フランスでの思いつきなのだそう !
c0097620_233974.jpg

お茶は、イギリスのBettysの紅茶を選びました。
ストレートでもいいけれど、ミルクを入れるとさらにおいしかったその紅茶。
聞くのを忘れたけれど、あのミルクは塚原高原のミルクだったのでしょうか ?

パンは、フランスパンとレーズンパンをいただきましたが、レーズンパンにもバターがよく合いました。

心も満ちるランチでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-07-31 23:30 | Comments(0)

『 かもめ食堂 』 のシナモンロール

映画は、『 かもめ食堂 』 が好きです。
『 かもめ食堂 』 と聞くと、知らないと言う人と、なんでもない物語でしょう !? とふしぎそうな顔になる人が半分ずつくらい。

物語の内容のことは端折ります。
とにかく、食べものがおいしそうな映画です。

観るといつも、おにぎりが食べたくなります。
あと、鮭とか、豚のしょうが焼きも !
それから、シナモンロール !!

飯島奈美さんという方が、映画のお料理を担当したらしいです。
少し前に、著書も出ました。

『 LIFE なんでもない日、おめでとう ! のごはん。』 というのです。
発行は、ほぼ日刊イトイ新聞。
糸井重里さんって、することがお上手、と思いながら、入手。

こんなかんじの本です。
c0097620_12334363.jpg

かもめ食堂のしょうが焼き。
c0097620_12335863.jpg

うんどうかいのおむすびは、あまりの素朴さに、思わずにっこりなります。

どのお料理もそうですが、おむすびの作り方も、おむすびなんてはじめて、の人にもわかりやすく、写真つきで説明してあります。
ふまじめなわたしは、写真だけ見てよろこんでいます。

この本にはないけれど、インターネットのほぼ日新聞で、『 かもめ食堂 』 のシナモンロールのレシピを見つけました。

パン生地が、きげんよくふくらみそうな、高温多湿の日につくりました。
c0097620_16412665.jpg

映画でするように、最後に真ん中を、小指でギュッとおさえるのですが、出来上がってみると、なんだかちょっと、違うんです……。

シナモンロールって、いろんなかたちのがあるけれど、でもまあ、『 かもめ食堂 』 のは、ほぼ、こんなかたち、です。

追加します。
このレシピで作りました。
http://www.1101.com/megane-movie/recipe.html
[PR]
by wannotomarigi | 2009-06-16 21:00 | Comments(2)

Oni Pain Cafeの電灯

オニパンカフェの赤い電灯。
c0097620_2052537.jpg

この赤い傘・・・傘とは言わないんでしょうか・・・ペンダントと言っても違うような、赤と言っても違うような、ありきたりの言葉で表現したくないような、この電灯。

今日はアンパンがおいしかったです。
一瞬、こしあんかと思ったようなさらさらさで、すっきりおいしいアンパンでした。
そういうつぶあんには久しぶりに出会いました。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-04-06 20:57 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧