タグ:ひとくち喋りたい ( 94 ) タグの人気記事

だんだん春らしくなって

 夕方の空も、春らしくなって来ました。
c0097620_19435240.jpg

 春になると、空が明るいようで嬉しいけれど、同時にいろいろ注意せねばならないこともあります。花粉、黄砂、ナントカ2.5、朝寝坊、などなど。
 
 がんばるから、いいことも降らせて、春の神さま。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-02-24 19:43

春みたい

 今日はあたたかい一日でした。
 夕方もずいぶん明るくなったし、春みたいです。

 梅が咲いているのを見つけました。
c0097620_19471693.jpg
 
 子どものときは、よく庭の梅の木に登りました。枝が斜めに伸びて、とても登りやすかったのでした。
 電信柱にも、よく登りました。屋根にも、よく。

 子どものときは、わたしは若かったけれど梅の木は老木で、枝が折れて、わたしは片足だけ枝に残して落ちて、ひどいめにあったのでした。あと、梅の木っていうのは、毛虫の多い木で……枝の上でいい気分になっていると、毛虫がぶらーんと……ああ、思い出だしますねぇ、オレンジ色の毛虫の顔。

 毛虫のことは忘れて、梅花を観賞しましょう。
c0097620_1947557.jpg

 これ、緋寒桜なのですが、羽が咲いていました。
c0097620_19481691.jpg

 桜占いとかありそうだけど、この場合は、どんないいことの前兆かな。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-30 19:46

満月

 今日は満月(みたい)。
c0097620_2003124.jpg

 そしてモーツァルトのお誕生日。(けっして好きなわけではないのです。)

 ところで、今あっている大河ドラマの『八重の桜』の主題曲。ずっと前の大河ドラマの『葵三代』のときの曲にとても似た部分があります。気のせいかなあ。あのときは、岩代太郎さん作曲だったはず。徳川のテーマのような感じで使ってるのかなー。気になるわー。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-27 20:00

うすっぺら風景

 苦手なお買い物。
( さいきん、すこーし、克服しつつあるんですけれどね~ )

 帰りに、通路の隙間から見た山の端。
c0097620_850118.jpg

“ふるさとのデパート”からのうすっぺら風景でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-10 20:10

こんな考えごとも寒いせい

 楽しいことも嬉しいこともないし、期待して向かったところは閉まっているし、つまらないつまらなーい。でも、すごく悪いこともなかったのだから、悪くない日々ということになるのかな。
c0097620_22353476.jpg

 怒りとか悲しみとか、嫉…妬…ねたむっていう字はどうしてふたつとも女偏なのかな……とにかくそういう負の感情も、自分を研究するには良いと思うんです。だけど、取り返しのつかない悲しいことは起こってほしくないものです。
c0097620_22354395.jpg

 さいきん喜んだ出来ごと。冬枝に枯葉がついているのを見たとき。星がひとつだけなのを見たとき。
  
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-06 22:35

初詣の景色

 今日は起きてみると、外には、半分くらいが白い世界が出来上がっていました。そんなこと、全然予想していなかったので、目がびっくり。
 午後にはずいぶん雪どけし、強行突破の気分で初詣其の二。
c0097620_23102149.jpg

 早く行って早く帰らなくちゃと思ったけれど、ゆく先々に雪はなかったのでした。でもさむーい。
 
 あんまり寒いから参道は、だーっしゅ。走りました。
c0097620_23103467.jpg

 そのせいか、おみくじには、あせらずあわてず“ ゆるゆる ”と励みなさいですって。ゆるゆると、ですって。
 主観的にも客観的にもけっしてスピードがあるほうではないわたし。その実、内心はけっこう、あわてんぼう。
 神様と一体となり、とも書いてありました。神様は、参道を乱暴に走りぬける人がいるのを、やっぱり見ていらっしゃるです。本殿の前で急に神妙になったって、全部おみとおしなのです。 

 帰り道。ミラーに写った後ろの車。
 助手席には、俳優もたいまさこさんがも少しふっくらしたような女性(結構似てる)。眠っているみたい。めがねの眉間にはしわを寄せていそうな、しかめたお顔で。
 その横には、男性。運転手さん。もたいまさこさん似の助手席の女性の男版のような人。どちらかというと、やや不機嫌な顔。
 眉間にしわを寄せて眠る人は当然黙っているし、不機嫌なお顔で運転している人は、しゃべりかけるふうでもありません。聴こえるはずもないけど、音楽もなっていないような空気の色。ごきげんなドライブではなさそう。家族なんでしょうねと思う。なんだか、いいなー、と思いました。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-03 23:10

あけましておめでとうございます

 みなさま、どんなお正月をおすごしでしょうか。
わたしは、なかなかに脱力したお正月をすごしています。

 ことしやっとわかったことがあります。
大晦日まではとにかく、力のある限り、目につくそこここをお掃除します。同時進行で、新年らしいものをそろえたりします。見たいテレビも見ます。
 旧い年と新しい年の境を越えたときにはほっとします。もう散らかしてもいいんだという気持ちになります。いったん眠って朝を迎えたときには、ちょっと放心しています。それで必ず、元旦の自由時間には、本に逃げます。小学生のときからそうだった気がします。そういうときの本は繰り返し読んだ好きな本です。
 新しい年に突入するのって、疲れます。あのときからわたしは変わっていないんだということがわかりました。本に逃げることまでそのまま。

 だいたい、年越しの瞬間というのが苦手です。だけどことしは……

 うかつにも、見ていたチャンネルをそのままに見入っていました。
 この、にいさんごーごーなる番組を。
c0097620_190665.jpg

 秒読みもこの番組の中で行われ、わたしは、おかしなアニメに見とれて、痛みもなく新年に突入しました。

 新年になると、初夢トリオなる三人組が登場し、ひめくりカレンダーをめくり、
c0097620_1901552.jpg

 続いて、初夢はいつ見るものか、説明します。
c0097620_1902394.jpg
 ほう、ほう。
c0097620_190324.jpg
 そうだと思ってはいたけれど、やっぱりそうですか!と、ついうなづくわたくし、トリ。

 でも!新年になって見た夢ならどれだって初夢と認定してもよいのでは!そう思いません?!どうして、二日になってからなのか、そこが知りたい。来年はそのへんの解説もお願いします、初夢トリオさん。
 
 続いてはこのチームがあらわれ、息つく暇もありません。
c0097620_190408.jpg
 この4ひき組……実はテレビ欄に“ チームにょろにょろ ”という名前を見たときから、ムームン谷のあの有名なニョロニョロたち?!と我知れず期待していたらしく、彼らがチームにょろにょろだとわかったときには、な…なんだあ…と、いろんな意味で衝撃をうけました。
c0097620_19225035.jpg
 そのにょろが、ダッピーニューイヤーとか言い出すので、だじゃれ度にふたたびショックを受けていたら、朝になって、巳年生まれのイトコから、ことしは脱皮します、と書かれた年賀状が届き、みたび目のショックで、あきらめがつきました。ことしは、へびもへび年生まれの人も、そうじゃない人も、脱皮する年らしいです。
c0097620_19245690.jpg

 そういうわけで、ことしもにょ…にょろしくお願いします……。
c0097620_1914785.jpg
 ことしも、まじめにがんばりますぞ。

 みなさん、よい年にしましょうね。
[PR]
by wannotomarigi | 2013-01-02 19:01

みなさま、よいお年を。

 
 ことしはどんな年でしたか?
 考えてみると、いろいろ思い出します。長かったような、短かったような。楽しいことも、苦しいこともあった、よい一年でした。
 次はどんな年になるかな?

 みなさま、よいお年をおむかえください。
 本当に本当に本当に、よい年が来ますように。

 2013年も、よろしくおねがいいたします。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-12-30 23:23

野田あすかちゃんの番組、ドキュメンタリー賞、大賞に!

 先日、書きました、野田あすかちゃんを記憶した番組、

「こころのおと~あすかのおしゃべりピアノ~」が、

FNSドキュメンタリー賞、大賞に選ばれたそうです。わたしは、とってもうれしいです!


 あすかちゃんは、プロフィールにもありますが、広汎性発達障害を持つピアニスト。この番組を見て、たくさんの人に、あすかちゃんのピアノ演奏とあすかちゃんのことを知ってほしいと思います。それから、広汎性発達障害がどういうことかも知るきっかけになったらいいなあと思います。あの番組を作った方に、感謝したい気持ちです。

 今度は、全国一斉放送されるそうです。前回は、“今日未明”という時間帯の放送でしたが、今度は、お日様のある時間に放送です。

 
   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「こころのおと~あすかのおしゃべりピアノ~」
12月30日、午前10時50分~
(大分県は、TOS ですよね )

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




 わたしは、あすかちゃんのピアノ演奏を聴いてファンになったひとりです。目の前での演奏は、一度しか聴いたことがありません。
 とつぜんに演奏を聴くそのときまで、わたしは、あすかちゃんのことをよく知りませんでした。
 ステージにいるあすかちゃんはぴょんぴょんはねているので、椅子に座れるのかな、ピアノ弾けるのかな、と心配しました。ところが、始まった演奏がとてもすばらしいのです。びっくりしました。この女の子はどうなっているのだろう?わたしのこの心の反応はなんだろう?ふしぎでした。
 障害とあすかちゃんのピアノ表現は、直接には関係ないように思っていましたが、ピアノだったら聴いてもらえる、だからこそ、ピアノを聴いてもらいたい、ピアノで言葉を伝えたいというあすかちゃんの言葉を考えると、やっぱり、それだからこそのピアノ演奏なのかなあ、と思います。でも、それは理由であって、演奏そのものは、ただあすかちゃんそのもの、なのだと思います。
 
 とにかく、すでにそうなっているようだけれど、もっと多くの人に知ってもらいたいと思います。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-12-14 19:21

チロリアン

 なんだかんだ言って、大好きチロリアン。
c0097620_2356115.jpg

 二日間でひと袋食べてしまった。おそろしい。
 三袋も買ってきたんだから、ゆくすえ不安。
c0097620_23562678.jpg

 知らない人がいたらたいへんなので、念のため。チロリアンは、千鳥屋のお菓子です。

 だけど、わたしも知らなかったことがありました。
 千鳥屋だからチロリアンなのだと、子どものときから、言葉にならない思考で考えていました。
 
 それが、袋の裏に、

 『何千年間も、イン河が彫り続けたチロルの深い渓谷に古くから住むバコバール族の一部に伝えられたお菓子を、近代的な風味に仕立てましたのが、チロリアンです』
 
 なのですって。
 
 『東アルプス最大のエッツタール氷河の清冽さと、チロルの山々に咲きみだれるエーデルワイスの花の精、蜜の香りのチロリアンを召し上がりながら、遠い山の国チロルをお偲び下さい』
 なるほど。言うときは、ここまで言わねば。

 チロリアン自体と、この表現との差は、きっと笑いを誘うためなのだと、思います。(わたしは、そう思います。)

 チロルチョコの本拠地も、チロリアンの地からあまり遠くない、同じ筑豊圏内と思うのだけど、チロル同盟結んでいるのかな。偶然かな。いつか、それも調べてみよう、かな。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-12-05 23:00

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧