タグ:そこに山があるから ( 45 ) タグの人気記事

モヒカン山の幕開け、2011

幕開けって言っても、あの太陽は夕日です。
c0097620_23392953.jpg

ことし初のモヒカン山。

やっと行きました、塚原高原へ。
このひと月、週末のたびに降った雪。
普通タイヤとわたしの腕では、塚原への道は閉ざされたも同然なのでした。

このところは晴れ続きだったので、モヒカン山に雪が残っているなんて思ってもいませんでした。
ここはまだ、別府と湯布院の境のようなところで、実はまだ別府市のはず。

この先、進んで行くに連れ、白の割合は増えて行ったのでした。
高原の木立の根元は白く、雪の重さで曲がった木も見かけました。

やっぱり塚原高原は違うわ。
あらためて、そう思ったのでした。

この週末は、また雪になるそうですよ。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-01-28 23:45 | モヒカン山 | Comments(0)

寒いってことは・・・

週末の寒さがだんだんゆるみ……、それでもやっぱり寒いですね。
c0097620_1846224.jpg
ラクダ山も雪景色で、日本画のような姿になっています。

お月さんも、冬の空で、ますます磨きがかかってぴっかぴかです。
c0097620_1846937.jpg
0度だった日に比べ、10度というのを見た朝にはは、うわあ、暖かいって思いました。

でも夜になるとやっぱり寒くて、顔が冷たくて、ほっぺたが凍てついたみたいで、口をあまりひらかずしゃべっている自分を発見しました。
ああ、こうして東北の人の発音が出来たんだなあ、と九州にいながら思いました。

寒いからか、さいきんは夜になると眠くて、生姜紅茶をのんで気合をいれますが、ごくごくのんで、さっさと眠ってしまいます。
書きたいこともあるのに、どんどんたまっています。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-01-19 18:45 | Comments(0)

鶴見岳に冬がやってきました

ああ、冬の朝のこの景色~。
c0097620_20232937.jpg
だんだん空が白み、
c0097620_20233613.jpg
星が薄れてゆくのに見とれていたら、

ふと見た反対の西側では、
c0097620_20234427.jpg
うわ、鶴見岳が白い。
そんなに寒い !?

鶴見岳、1375メートルのお山。
とにかく初冠雪です。

いつも思うんですけれど、粉砂糖がふったみたいです。

空や星や山に見とれていたので、そのあとは大あわてしました。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-12-08 20:30 | Comments(2)

モヒカン山、冬の夕暮れ

12月になり、モヒカン山のシルエットも、なんとなく寒々としています。
c0097620_2292297.jpg

いかにも冬の感じがしません !?

まだまだ日中は暖かですけれどねー。
ほーんとに、暖かですけれどね。
そのうちいきなり雪が降るんじゃないかしら !? と、おそれつつも楽しみにしています。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-12-05 22:30 | モヒカン山 | Comments(2)

和栗のモンブラン、オレンジタルト《 塚原高原・珈琲木馬 》

気持ちよい秋の日々。
塚原高原は、いつもにまして、気持ちのよい空気です。
c0097620_2255361.jpg
この景色、好きです。セイタカアワダチ草も含めて、好きです。

では、木馬にまいりましょう。
c0097620_225352100.jpg
このコーヒー、なんというコーヒーでしたか、聞いていなかったらしいです。
いったいどうしたんでしょう。

今日もモンブランです。
その名にたがわず、まじめにそびえているようなんですが、どこか笑いたくなる姿です。
c0097620_22541043.jpg
思わずにっこりのおいしさです。
モンブランのある日には、モンブランは避けて通れませんね、やっぱり。

なぜ山に登るのか。
そこに山があるから。
その気持ちがわかります。
c0097620_22543299.jpg
さて……、ちょっと失礼して、お山の中はこんなです。
フォーク片手に撮りました。
お行儀、悪いですね。反省します、あとで。

ところで、この席、じつはふたりがけです。
でも、向かい側の席は空席です。
空席をうめてくださる方、募集しています。

……そんなわたしにかまわず、塚原の太陽は、静かに、規則正しく沈んでゆきました。
c0097620_22544688.jpg

ちょっと待って。
お待ちください。

続きまして、先週のオレンジのタルトです。
c0097620_22552391.jpg
初登場のナイフです。
c0097620_2255441.jpg
オレンジは、生のオレンジをシロップにつけるのだそうです。
柑橘類は積極的に食べないわたしですが、おいしかったです。

これで、おしまい。

では、みなさま、おやすみなさい。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-10-16 23:45 | Comments(2)

秋のモヒカン山

久しぶりのモヒカン山です。

こういうのなに雲って言うんですか。
綿に似ていますかね、消毒用にちぎった綿。
c0097620_22404116.jpg
気がつくのが遅かったんですが、モヒカン山は、じつに、季節感に欠けるお山なのです。

いつもより、おぐしがみだれているように見えます。
ボサボサモヒカン、親しみがわきます。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-10-16 22:45 | モヒカン山 | Comments(0)

モンブラン★★★ 《 塚原高原・珈琲木馬 》

秋の木馬は、栗続きです。

このモンブランは、お~いしかった~。
c0097620_2314305.jpg
口あたりはかろやかに、オナカとココロをいっぱいにするモンブランでした。

c0097620_23144414.jpg
お店が終わる頃には、うす暗くなりました。
もう、そういう季節なんですね。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-10-02 23:00 | Comments(4)

初オケラ日

太陽がおとなしくなる夕方すこし前。
ああ、もうすっかり、オケラ鳴く初夏の空気、って思ったんです。

わたしに初夏封切を知らせるのは、オケラの声です。
なによりも、あの声です。

わたしが思ってるあの声、オケラだと思うんです。
夕方に、ジーーーッと聞こえてきます。

今日の夕方、ことし初めて、ジーーーッと聞こえてきました。
だから !! 今日から初夏です。
c0097620_20343262.jpg
モヒカン山も初夏を迎えつつあります。

( オケラのこと。
クビキリギスという虫も、ジーーーッと鳴くらしいんです。
樹上から高い音で聞こえるのが、クビキリギスかなあと思っています。
こちらは、音を頼りに近づいていくと、木のどこかで、爆発的と言いたいほど、大きな声で鳴いています。
鳴くのは、わたしの知る限りでは、いつも夜になってからなので、鳴いている姿は見たことがありません。

むかしの人はミミズが鳴いていると思っていたらしいですけれど、それはオケラのほうですよね。
どちらも地中ですからね。
ミミズが本当に鳴かないかどうか、わからないけど、木に登っているのは見たことがないですからね。
いや、暗い中、登っていたら、だれにも見られたことがないかも……。)
[PR]
by wannotomarigi | 2010-05-03 20:30 | モヒカン山 | Comments(0)

モヒカン山に日は落ちて

先週の冠雪のモヒカン山。

冠雪?
c0097620_16352642.jpg
まあ、頭に雪をいただいているのだから、そう言ってもさしつかえないと思います。
お日さまも頭の上。

そして夕方。こんどは日没直前。
c0097620_1632960.jpg
日没と言っても、モヒカン山に、です。
c0097620_16321883.jpg
モヒカン山に日は落ちて~♪
ドヴォルザークの新世界の節で歌う、 『 遠き山に日は落ちて 』 の替え歌でお願いします。
c0097620_16322773.jpg
日が落ちるのは、はやい。はずでしたが、ちっともはやくなく、わたしはじりじりと待ったのでした。
c0097620_16323482.jpg
最後のひとかけらまで沈んでしまうと、こんどは、さっきの歌の続きで、
星は空をちりばめぬ~ ♪
の景色も見たくなりましたが、それはやめておこうよと、帰りました。
c0097620_16325014.jpg
でも、いつか見たい。モヒカン山に、三日月や金星がのぼるのを。

このあと、ちょっと走ってふりむいたら、太陽はまだ空にひかっていました。
さっきあんなにしっかり見送ったのに~。
[PR]
by wannotomarigi | 2010-01-22 21:30 | モヒカン山 | Comments(0)

モヒカン山に雪が降る

c0097620_21161432.jpg

降りはじめました。
三日間ほど雪の予報。

由布岳なんて、姿を隠していました。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-12-17 21:00 | モヒカン山 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧