<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小林道夫さんのゴルドベルグ変奏曲

はじまる前からよい雰囲気でした。
c0097620_21471332.jpg
ざわざわと、なごやかに、それぞれの興奮あり。

先日書きましたが、小林道夫さんは、このゴルドベルグ変奏曲の演奏会を1972年に東京で始めました。
以来、毎年12月に演奏会を開き、30回目、35回目を数え…今年は何回目になるのでしょう。

とにかく、今年は、東京でなく湯布院のアルテジオであるのです。
わたしは、どうしても行きたい!と思いました。

もし雪になったら……交通の不便なこの土地……電車に2本乗って、あとは駅から歩く。
でも、大丈夫でした。晴れました。
湯布院はやっぱり寒いからか、この夜にしもやけが成長しはしましたが。

先生は、チェンバロを奏でるまえに、声も豊か、そしてユーモアたっぷり。
その声による、音楽家……バッハや、曲の解説は、興味深いものです。
当時のことを、あれこれ想像します。

アルテジオは、大きなホールと違って、そういうのにはよい空間です。
それに、見渡しただけでわかる、観客のみなさまの個性豊かなこと!
贅沢ね、生で聴けるなんて、という声も聞こえてきます、まったく同感です。

市内のホールでも思うのですが、同じ空間が、これから起こることの違いと、そこにいる人たちの気分で、こんなに変わるのはおもしろい!と思うほど、変わるものですね、その空気が、雰囲気が。
c0097620_21472122.jpg
さて、ずいぶんと、ミーハー気分で、椅子におさまっていたわたしですが、だいたいこの曲はとても好きで、グールドの有名な二枚と、マライ・ペライアとトン・コープマンのが手元にあります。

おおまかに、演奏時間のみで1時間弱くらいと思っていたけれど、帰りに、外に出て時計を見たら、ちょうど二時間でした。

二時間も経過していたとは!
ここちよい時間でした。

考えてみたら、ゴルドベルグ変奏曲を会場で聴いたのは、はじめて。
c0097620_21472970.jpg
ああ、よかった。行ってよかった。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-30 22:00

口実じゃないよ

カーテンを洗おうと思ったけど、
c0097620_11202015.jpg
今日はやめておこう~。

曇ってきたし……

さいきん、この本を読んで、じゃなくて、読もうとしていますが、どうしたわけか、なかなかすすみません。
c0097620_11202913.jpg

著者の森山 徹さんという人は、へんな人じゃなくて、信州大学でいろいろ研究している人らしいです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-29 11:24

小林道夫さんのゴルドベルグ変奏曲、ことしは湯布院で

c0097620_21174041.jpg

小林道夫さんがゴルドベルグ変奏曲の演奏会をはじめたのは、1972年だそうです。
毎年、東京でしていたのを、ことしは湯布院で。
c0097620_21175166.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-26 21:20

電灯のお掃除

クリスマスも終わったので、少しずつお掃除。

電灯のカサをはずしてみたところ……

c0097620_20561550.jpg

電球って可愛いなあ~~。

いやいや、電球型蛍光灯、って可愛いなあ~。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-26 20:55

クリスマス

クリスマスのあさのこと。

頭ぼんやり、コーヒーをのんでいると、ふしぎに規則正しい音が聴こえて来ました。

そういえばさっきから聴こえていた……
考えてみたら、ずっと聴こえていた !

サンタクロースのそりの鈴の音でもないみたいだし…… !?

と、窓から見ると、ご近所のお庭で、お餅つき大会があっているらしいのを発見。

Oh !!
クリスマスのあさに、お餅つきとは !!

垣根の上から、ふたつのキネが、かわりばんこにのぞいて見えます。
ふしぎに規則正しい音は、これでした。
一般家庭で、杵と臼でお餅つきをするなんて、すばらしいよ。

ああ、お正月気分。

クリスマスのあさは、こんなふうでした。



クリスマスというのは、気分はさわぐけど、することと言ったら、クリスマスソングを聴き、前もってフルーツケーキを焼くだけ。

いつもは焼いてから2週間は封印しておくのを、ことしは3日前に焼きました。

まあ、気楽にすることにしたんです。
c0097620_18352450.jpg

それから、前日の24日には、時すでに遅しのシュトレンを焼きました。
ホントは、クリスマスを待ちながら毎日食べるものらしいですね?

遅くなったけど、まあ、いいんです。

ゆりかご型のも作ってみたけど、生地がやわらかすぎて扱いにくいので、半分はパウンド型に入れました。
まえにも同じ失敗をしたことに、たいていあとから気づくのでした。

それもまあ、いいんです。
人生とはそういうものです。

甘いので、少しずつ食べようと思って、スティックにカットしました。
c0097620_18354512.jpg
その結果、食べ過ぎることになりました。

これも、まあ……。

とにかく、あさから晴れの、い~いお餅つき日和のにちようびでしたよー。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-25 19:00

冬至にはカボチャです

ことしは、忘れずに食べました、カボチャ。

ポタージュにしましたよ~。
c0097620_2054990.jpg
カボチャは自家製じゃないけど、月桂樹の葉は自家製!

お鍋のしたも見る?

じゃーん。
c0097620_20541924.jpg
庭トリです ♪

今日の一句。
『 お庭にいっぽん、月桂樹 』
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-22 20:55

満月&月食の日~10th.Dec.2011

今、この瞬間、空では皆既月食中のはずなのですが、

雨で、お月さんは雲の中。

19時ごろ、出たり隠れたりしていた満月。
c0097620_23431284.jpg

[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-10 23:45

雪よりあとになったけど、紅葉

いつも、

葉っぱとか食べられないし、とあんまり乗り気にはならない紅葉狩りとやら。

ことしは12月になって気まぐれを起こして行ってきました。

少し遠くまで行ったのに、

帰りに目についた、道沿のイチョウがいちばんよかった。
c0097620_20404112.jpg

赤もいいけど、黄いろもいいと思います。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-09 20:40

モヒカン山初冠雪~2011冬

この冬はゆだんしないと思っていたのに、どうやらやっぱり、ゆだんしていました。

湯布院と別府の境にある、モヒカン山。
c0097620_20331553.jpg

急に降りました、雪。
予期していませんでした。

どうりで昨夜、足に、初しもやけが出来たわけです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-09 20:30 | モヒカン山

十二月 《 塚原高原・珈琲木馬 》

雨つづきのあとの、快晴の日。
塚原高原へ。

青空にむかって走っていると、12月になったんだ、と急に実感しました。
坂道を上ってゆくので、本当に、青空にむかっているみたいです。
なぜか、下りの帰りも青空にむかっているみたいだけど~。

高原でコーヒーを飲んでいると、コーヒー豆を買って帰る人が多いのにまたもや、12月になったんだ、と実感。

年末だ!

みなさん、冬まえに木の実を集めるリスみたい。
c0097620_21225915.jpg
(ショーケースの中の南仏蜜のパウンドケーキ。お店ではこれをいつも、百花蜜のケーキと呼んでいるみたいですけど~。)

木馬はことしももうそろそろ、ケーキはお休みの、珈琲豆売りオンリーのシーズンに突入します。

去年は、あと一回来ようと思っているうちに、急な雪で高原に近づけなくなり、コーヒー豆のない年越しをしたのでした。

木の実のないリスみたいな、コーヒーのないわたし。
ぶるぶるぶるぶる。
それはコマル。

ああ、あれからもう一年かなあ。


◆珈琲と焼菓子の 《 珈琲木馬 》 

珈琲木馬は、湯布院町塚原高原の県通沿いにあります。
カフェは、金土日ひるさがりから、夕方まであいています。
ときどき、おやすみのこともありますので、遠くからわざわざという方は、お電話でたしかめられることを、おすすめします。
でんわ 0977-85-3385
[PR]
by wannotomarigi | 2011-12-04 21:30

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧