<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はじめてのオペラ

季節がまだ、芸術の秋だったころ、
c0097620_18124161.jpg
はじめてのオペラにでかけました。

椅子にこしかけて、まわりを見渡して、初めて思ったのですが、
『 オペラって、いつ拍手するんだろう!?』
それまで、なんにも考えていなかったんですねー。


バレエの場合、ブラボーな舞のあったときには拍手しますよね。
バレリーナがぐるぐると回転している最中でも拍手します。

わたしは以前、この目で見たのですが、テノール歌手錦織建さんが、バレリーナのようにくるくるくるくる回りながら歌っているときも、客席は拍手カッサイしました。
わたしも、つられて、拍手カッサイしました。
あのとき( もうだいぶ前ですが )周囲は、立派なおばさまと、付属のご主人たちで客席は埋め尽くされており、わたしはこれまでの人生で二番目くらいにバチガイさを感じました。
わたしも早く、あのような立派なおばさまになろう、とそのとき決心したのでした。

交響曲、ピアノ曲そのほかの音楽会なんかの場合は、どんなに感動しても、なにがあっても、途中では絶対に、拍手しません。

曲の途中はもちろん、三楽章ある場合の楽章の合間にも絶対に拍手はしません。
もし、途中でだれかが間違えて拍手した場合は、そのほかの人たちは、思わず息をのみます。

その代わり、終わったとたん、最後の音の余韻が消えたか消えないかのうちに、数人が、堰を切ったように手をたたきます。
大きな拍手。
あの人たちは勇気があるなあといつも思う。
ブラボーと言って立ち上がるのも、このとき。

オペラはいつだろう?

それから、外国語だからと、最初からいろんなことはあきらめていました。
英語ならまだしも、それ以外の外国語は、真剣に聞いても無駄ですし。

ストーリーを大まかに理解してたら、いいわ、くらいに思っていました。
今日のは悲劇、ヒロインのトスカは最後に死ぬ、ととても大まかに。

ところがこれは、両脇に電光板の字幕が立っていました。
縦書きの。
それがある以上は、ひと言ずつ全部読まねばならなくなって、忙しい思いをしました。

オペラは、オペラだから、ぜんぶが歌。
わかっちゃいたけど、目の前で観て改めて思いました。

『 小鳥はとっても歌が好き ♪
母さん呼ぶのも歌でも呼ぶ ♪ 』の歌そのものに、ぜんぶ歌です。
もどかしいほどにぜんぶ歌。

歌声は、終始うるわしいので、縦書きの電光板に文字が現れなかったら、
『 筆を取ってくれ 』と言ったとは思えないほど。
すべてが、愛の言葉のように聞こえます。

さて、わたしの疑問の拍手のタイミングは、だいたい、一幕終わるごとと、ヒロインが一曲歌い上げるごとにするようでした。
一度、歌が終わったと思った人の早すぎる拍手もありました。

はじめてのオペラに、妙なところに興味をうばわれ、芸術的関心はどこかに置き忘れて出かけたらしかったのでした。

おしまい。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-27 22:00 | Comments(0)

こっこ 『 旅で出会ったかわいい子 』

静岡のこっこ。
c0097620_238955.jpg
かーわいい!
c0097620_23817100.jpg
名実ともに、ニワトリ好きなわたくし、トリ。
c0097620_2382589.jpg
こっこという命名、このひよこのイラスト。
これを見て、喜ばないわけがありません。
c0097620_2383435.jpg
みなさま、静岡のこっこは、
c0097620_2384167.jpg
1コにつき、電子レンジ660Wで18秒ほど温めるとよろしいのですよ。

よりあまーく、よりほーんわか。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-20 23:00 | Comments(0)

モヒカン山、2011晩秋

秋になって何回か言ったかもしれないけど、
さて、
いよいよ、
今日から本当に、寒くなりました。
c0097620_2254102.jpg

午後4時頃のモヒカン山。
いかにも秋という太陽だったのですが、写真を見たら夏の太陽のよう。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-20 22:55 | モヒカン山 | Comments(0)

にんじんの葉っぱ

ひさしぶりに、よいにんじんの葉っぱに出合ったので、ふりかけにしました。
c0097620_1814289.jpg
ちりめんじゃこと、そのまま刻んだ葉を一緒によく炒めて出来あがり。
葉っぱはゆでたりしないほうがいいんです。

前はよく、桜えびでもしていました。
おいしいんですよ。

次は、てんぷらにしようと思ってまた買ってきました。
c0097620_18141142.jpg
どうもわたしは、オレンジ色と葉のグリーンの色合いが好きなようです。
柿でもビワでも、オレンジ色のバラでも。

問題は、こっち。
c0097620_18141984.jpg
前回のも残ってるし。
どうしようかな~。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-16 18:15 | Comments(0)

朝、ちょっとだけ冷えました

いよいよこれから寒くなるんでしょうね。
ニュースでいうほどの冷え込みは感じなかったけど、室内が14度。
c0097620_17551934.jpg
空気が冷たいからか、朝の空がいちだんときれいに見えました。
おまけして、飛行機雲がやたらと走っていました。

日暮れどきも、空の色が変わってゆくのが美しく、わたしのらくだ山も、夕空に映えていました。
c0097620_17552844.jpg

さいきんいっそう、らくだらしくなったと思うんですけど。
c0097620_17573071.jpg
こぶが、前よりはっきりしてきたと思いません?
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-16 18:00 | Comments(0)

試食

中津から耶馬溪に向かう道中、いくつかの大きな看板にみちびかれるように、お店へ。

ある看板には、お菓子、別の看板にはお豆腐、と書かれていて、なんなん?なんのお店なん?と思いながら入って行きました。

ケースのお菓子を見て、へえ~、と思っていると、お茶をどうぞ、といただきました。
それから、写真のような器にもられた佃煮類の試食も。
なんだか居心地のよい椅子とテーブル。
c0097620_2247890.jpg

お茶は柿茶なのですが、少しまえにお昼を食べたわたしには、すばらしいタイミングとおいしさ。
佃煮類もおいしく、どれもこれもほしくなってしまいました。

ところが、これだけのものを食べてしまっているうちに、心が満たされ、結局そのままお店をあとにしてしまったのです。

いやあ……。

もちろん、お店側にも意図あっての試食セットだとはわかります。
だけど、おいしくいただいて、そのまま出てくるわたしって・・・。

それにしても、どこかの料亭でいただく、お茶漬けセットにでもついてくるような感じでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-06 22:50 | Comments(4)

豊後高田の 《 ちぃばす 》 へ

豊後高田の 《 ちぃばす 》 へ、また行きました。
ちぃばすは、ジャムとお菓子の工房です。

前に行ったのは、初夏。
今はもう秋。
なかなか行けないのです。
前回はもっと買えばよかったー、と思ったので、今回はクッキーもジャムも、よくばってあれこれ。

ジャムの一部です。
c0097620_22183656.jpg
ジャムは季節によって種類が変わります。

ジャムもお菓子も、材料が、自家製だったり、豊後高田のものだったり、国産だったり、オーガニックだったり。

自家製というのが、いちごや山羊乳というのは、すごいです。
いつか山羊さんたちに会ってみたい、とひそかに願っているわたし。

地に足がついているような安心感があります。
その安心感がそのままジャムやクッキーになった感じで、それがわたしは嬉しい!

それに、この可愛さ!
あーだこーだと並べてみたくなります。
c0097620_22184784.jpg

ジャムは、パンや、夏からはまっている自家製ヨーグルトゼリーに添えたりします。
自家製と言ってもわたしの場合、牛を飼育しているのではありません。

帰りに、ちぃばすのすぐ近くで、
見るからにおいしそうなお米に出合ったので、買いました。
真玉産のお米というのははじめて!
c0097620_2219372.jpg
まだ食べていませんが、楽しみ。


◆ジャムとお菓子の工房 《 ちぃばす 》

大分県豊後高田市城前

電話とファクシミリ 0978-25-7894


(2014、5、11に追加)
◆CAFE ちぃばす◆さんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/chivas15farm
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-06 22:30 | Comments(3)

真夜中に……

その夜、

運動に出かけ、

しかしその帰りに、

天下のジョイフルに吸い込まれ、

消費したカロリーを取り戻すべく、

パフェを注文する人影二つ。
c0097620_2251859.jpg

人影其の一が言うには、

「 ジョイフルのキャラメルパフェははじめて食べたけど、おいしかったです。
キャラメルソースはべったべたに甘いだけではなく、しっかり深みもありました。

だけど、うっかりしていました。
初挑戦ゆえ、ゆだんしました。
ホイップクリームは完食できませんでした。

次は、がんばります。 」

一方、もうひとつの影は、チョコレートパフェを完食した模様。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-05 22:00 | Comments(2)

楽しかったんですよ、三光コスモス園ひまわり付。

向こうに見えるは、八面山。
今や中津市となった、もと三光村のお山です。
c0097620_1927065.jpg

二日間降り続いた雨のあとの晴天。
八面山のふもとに毎年あらわれる、コスモス畑を見に出かけました。

去年も行きそびれ、たしかおととしも行きそびれ……

とうとうやって来た、チャンス!
空はとてもきれいだし!

だけど……
c0097620_19252161.jpg

コスモスには、花びらがありませんでした……。

この白い雲、青い空の下に揺れるコスモスを想像してみてください。

間近で見るまでわかりませんでした。
どうして、白やピンクの景色が広がっていないのか。
まさか、こんな姿になっていたとは。

だんだん畑のコスモスはさぞかしきれいだったでしょうと思うのです。
むこうはみんな空で。
c0097620_19253735.jpg

大丈夫!
実は、わたしの第一の目的は、コスモス畑の中にあるというひまわりなのです!

夏に、海辺にひまわりを見に行って雷雨に会ったというハプニングがありました。
アメフラシであるわたしの宿命。

来年の夏まで楽しみを持ち越そうと、思ったひまわり。
それが、この秋のうちに叶う。

ひまわりは、
c0097620_19255455.jpg

おお、
ひまわり……。

交通整備のムッシュたちも、ひまわりに負けず、うなだれているように見えました。

二日前までは、きれいに咲いていたのだそうです。
コスモスは、雨で散り、ひまわりはうなだれてしまったのです。

その雨のせいで、駐車場の畑はぬかるんで進入禁止。
路上駐車は禁止ですが、やむなく道路わきに駐車するしかありません。

離合もぎりぎりの道路に縦列駐車するのです。
どの角度から見ても不器用に見えるわたしですが、この世でゆいいつ、縦列駐車だけは得意でよかった。
ほんと、よかった。

ひまわりの葉っぱアート。
c0097620_192641.jpg

みごとです。

歩いていると、チキチキッとか、キチキチッとか言いながら飛び立つ大きなバッタがたくさんいるし、いろんな鳥もいるし、葉の上ではいい気分で食事している虫たちもたくさんいるし、よい自然のあるところなのだと、思います。

わたしの投票で決まったミスひまわりさん。
c0097620_19261435.jpg

c0097620_19264041.jpg

このトンボ、いろいろ検索してみたけど、そっくりさんを見つけることが出来ず。
大きなトンボほど大きくなく、糸トンボほど細くなく。
羽の先にも赤い模様がありました。

コスモス祭は明日、11月3日までです。
来年は早めに行きましょう。

~コスモス園さんへ~

わたしは楽しみました。
9割散っていても、楽しみました。
いいところです。
個人的には、ひまわりの面積がもっと増えると嬉しいです。
これからも楽しみにしています。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-11-02 19:30 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧