<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

息が白い塚原高原

大分県北西部を、山々を眺めながら走り、夕方湯布院を通過。

由布岳はだいぶ紅くなりましたね。
耶馬溪の景色よりも紅い気がしました。

日中は、歩くと汗が出るくらいだったのに、湯布院の気温の低さ。
湯布院でも標高の高い塚原高原では、もう、息が白いのに驚きました。
それも、はあっ、と白く吹き出そうするのではなく、ただのおしゃべりの息が。
夕方、これくらいの明るさのときに。
c0097620_2153467.jpg

冬みたい。
10月最終日のことでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-31 21:50 | Comments(2)

雨ニ負ケテモ、モンブラン2011 《塚原高原・珈琲木馬 》

この週末は雨でしたね~。
閉ざされ感が充満しておりました。

さて、
モンブラン2011、と言いたくなるほど、みんなで待ってた、ことしのモンブランです。
c0097620_21384415.jpg

期待されて作るのって、たいへんでしょうね~。

おいしかったですよー。
実に、クリィミー。(← おそろしい駄洒落……)
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-30 21:40 | Comments(0)

桜の紅葉

桜の葉の紅もいいですね~。

中でも、大分県立図書館の桜はいいです。
碁盤の目のようにに並んだ桜です。
c0097620_21302017.jpg

さくらんぼみたいな色。
これを見ると、また一年たったと思います。

さいきんは、宮崎県の椎葉村の椎葉クニ子さんというおばあさんの本をかりて読みました。
NHKの放送で見て、興味を持って。

番組の語りはカタツムリ。
焼畑と言って、山を焼いてそこに畑を作る。
それを繰り返して暮らす。
そんなクニ子さんの生活を追ったものでした。

本は、クニ子さんの語りをそのまま書き連ねたもの。
読んでいると、クニ子さんの声が聞こえて来るようでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-24 21:30 | Comments(0)

それでその、観月祭のおまんじゅうがおいしくて、

(一週間以上たって、続きですが、)
杵築観月祭のお茶会でのおまんじゅうがおいしくて、ほとんど、ひとくちぼれです。
杵築の 『 松山堂 』のお菓子だそうでした。

手で持ったときのぽってり感もよく、皮のねばりもよく、こしあんもよく、さらにあとあじもよく。

ふだんは、あんこものはあまり得意でなく、それでもほとんど必ず食べてみますが、あとからなんだか体がきつくなるんですよね。
それがこれは、ならなくて。

さっそく、松山堂さんへ。
たずねてみたら、餡もお店で作っているのだそうです。

実は、和菓子屋さんなのに餡を作っていないところは多いんですよ。
餡は和菓子のいのちの気がするんですけどね。ふしぎです。
c0097620_22143119.jpg
持ち帰った、じょうよまんじゅう。

家で食べてもおいしいかどうか!?と思いましたが、おいしかったです。

c0097620_22142166.jpg


◆松山堂と、杵築城下町のうろ覚え情報。

松山堂は、杵築の城下町の、たしか酢屋の坂のだんだんを降りたところにあります。
和菓子やさんだと思いますが、シュークリームなどもあります。
( この上用まんじゅうは、ひとつ125円です。 )

坂はほかにもあって、勘定の坂というところには、富士の石と、逆さ富士の石というのがあります。
案内の方がおしえてくださったんですけれどね。

勘定の坂は全部で、五十三段なのだそうです。
東海道五十三次を、ひとつの坂で済ませようという( と、案内の方は言っていませんでしたが )有難い坂です。

富士の石は、上から二十四段目です。いちばん上の段は、ゼロ段目ですよ。
二四は、ふじとも読めますね、と案内の方。
それを、ひとなでするごとに、十歳長生きするのだそうで、わたしはよくばってなで、百歳過ぎまで生きることになりました。

坂はたしかもうひとつあります。
名前は忘れてしまいました。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-17 22:15 | Comments(0)

杵築観月祭

2011年の杵築観月祭は、10月8、9日。
空にはほぼ半分のお月さん。
なぜ、お月様のご予定と合わせないのかしら、といつも思うけど、それはさておき。

県内でいくつかある、竹と灯のお祭では、ここ杵築のがいちばん好き。
わびさび度 No.1

武家屋敷通りや坂におかれた灯火のほどよさ!
瓦ののった白壁も映えます。

坂は、通りを挟んで2本。長いだんだん坂です。
正面からちょうど向かい合わせてまっすぐに、あっちとこっちに上がっています。
今上がってきた坂を振り向くと、その上がり下がりの坂がつながって長く見えて、それに並んだ灯が、きれいです。
明るいときの景色とは、また違います。

ここは、商人の町のいちばん賑やかだと思われる灯。
c0097620_2320105.jpg

これも竹です。
c0097620_23201872.jpg

ぶらぶら歩いて、べらべらしゃべって、たどり着いた大原邸のお茶会で上用饅頭とお抹茶をいただき、またぶらぶらべらべら、一松邸近くのお食事処松樹で、食事。

これが、わたしのおすすめ観月祭フルコースです。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-08 23:20 | Comments(0)

牛乳のあけくち

牛乳って、

あけくちとは反対の側のほうが、開けやすいと思いません?
c0097620_1195586.jpg
〈 休日の朝、冷蔵庫の前で、記念撮影される牛乳さん 〉
[PR]
by wannotomarigi | 2011-10-08 11:10 | Comments(4)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧