<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

珈琲メイカー生活

さいきんはじめて、珈琲メイカーにコーヒーをいれてもらいました。

今まで使ったことがなかった、と思いながらも、本当にそう?とあらためて考えてみていました、が、使うとき、
おお、ここにペーパーを?
とか、
お水からでいいのね、へえ~。
とか思ったところをみると、本当にはじめてでした、わたし。
説明書もちゃんと読みました。

感動的でした。
むこうの壁にプラグをさしこんで、よし ! と思い、スイッチを押すと、思ったより早くはじまるのですね。
c0097620_23243349.jpg

コポコポコポ、ゴボゴボゴボと言って、つくってくれました、コーヒー。
c0097620_11332999.jpg

おいしくて、ちょっとびっくりしました。
自分でいれたんじゃなくって、だれかがいれてくれた、っていう気持ちになります。
コーヒーは、人にいれてもらったほうがおいしいんだ、って映画 『 かもめ食堂 』 でも言ってました。

たとえば朝とか、スイッチを押したら、その間にほかのことも出来る。
って、思ったんですけれど、今のところ、珈琲メイカーの前に、おとなしくすわって、コポコポ……といいはじめるのを待っています。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-31 23:00

アーモンド、紅葉

アーモンドの葉っぱです。
c0097620_15134990.jpg

少し前までは黄みどり色だったはずなのに、気がついたら、ちょっとあかくなっていました。

気がついたのは、一週間ほど前です。

三日くらい前の夜、あんまり涼しいから温度計を見たら23度でした。
アーモンドはそれよりも前にあかくなりはじめていたわけです。
そろそろ秋だと思ったのでしょう。
植物って、すごい。

でも春には……咲いたりしないんですけれどね。
ここ数年は休業中らしいです、うちのアーモンド。
咲いたらとてもきれいなんですよ。

休むのって、大事ですよねー。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-27 23:30

地獄の黒たまご

地獄の黒たまご、っていう名前がいいです。
なにか、おそろしい怪鳥が、地獄からあらわれそうな勢いが。
c0097620_2381412.jpg

ひとついただいたんですけれど、ふくろからは、お塩も出てきました。

なんで黒いかというと、えーっと……
『 明礬温泉特有の温泉成分が卵の殻に結びつき、地獄変化で黒くなります 』

地獄変化 !!
c0097620_1136245.jpg

中身はふつうのたまご色でした。
お味は、地獄風味でした。
ふつうの味とは、ちょっと違っていました。

黄身のまわりがみどりっぽくなるまで、しっかり蒸されていました。
好きです、そういうの。
ひゃっくりに用心しながら食べます。

別府明礬温泉地帯の、湯屋えびすにあるそうです。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-26 23:30

HAWAIIAN NIGHTのあとは、イタリアン

先日の続きですが、イタリアンのお店に行きました。

IDEE食堂での、ショートフードとジンジャーエールで、イタリアンの気分になったのです、オナカだけは。
ココロはHAWAIIだったんですけれどね。

そういうわけで、どうするどうすると言いながら、ちょっと気になっていたお店に行ってみました。
九州横断道路沿いのカフェ・ドミノというお店です。
どんなお店か、よく知らなかったので、そーっと、ドアを開けました。
後ろにいた友だちに、おそるおそるやな、と形容されてしまったほど本当に、おそるおそる。
c0097620_11382441.jpg
お店は素敵でした。
c0097620_1181395.jpg

ピザもスパゲティもおいしくって。
c0097620_1181943.jpg

写真がぶれていますね。
ピザを片手に持ったまま撮ってはいけない、ということがわかりました。

奥には、景色も雰囲気もよさそうなテーブルがありました。
こんどはあっちにすわってみたい。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-24 23:30

HAWAIIAN NIGHT 

金曜日の夜。
別府関の江のIDEE食堂で、HAWAIIの音楽とフラを楽しみました。

窓からは、別府湾や、ワシントンパームの影や、国道のいつもカモメがとまっている白いカーブした電灯が見えていて、海辺気分。
カモメも見えたような……。

演奏の “ ブルーセイルス ” のおふたりは、プロフィールをあとからよく読んでわかったのですが、結成4ヶ月なのだそう。
へ~え、幼なじみなんじゃないかしらと思うような、場面がときどきありましたけど。
音楽上の理解とか、結びつきとか、そういうことなのでしょうか。
c0097620_1171447.jpg

とてもまじめそうに映っていますが( 半分くらいはそうかもしれませんが ) たぶん、たまたまの一瞬です。
面白い組み合わせのおふたりでした。

そして !!
笑顔がとっても美しいこの方。
c0097620_117837.jpg

もともと、フラを踊る人の、夢見るような目が好きでしたが、こんなに幸せそうな表情で踊る人は、はじめて見ました。
見る人を幸せにする笑顔とはこのことだ ! とまじめに思いました。
大分で、ピリ・アロハ・フラ・オハナというフラグループを主宰なさってるそう。

わたしの好きな、『 真珠貝の歌 』 も聴けました。
ラ~ラ ラ~ラ~ ラ~ララ~ ラ~ラ~♪
いいんですよね、穏やかで、ゆっくりで、あかるい音楽。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-22 23:00

門司港~紅茶編

レディグレイなんていう紅茶があるのを、今まで知りませんでした。
飲んだことがないとなると、飲んでみたくなります。

アールグレイは、子どものときは苦手だったけど、だんだん飲めるようになったし、これも、というわけで買って帰りました。
c0097620_0455781.jpg

トワイニングの、日本向け商品でなく英国向け商品だということでしたし。
ダージリンも、どう違うのかなあ、とこれもひと箱。
門司港にある、輸入雑貨のお店です。

レディグレイはこんなのです。
c0097620_046529.jpg


箱の記載によれば、
オレンジの皮3%
レモンの皮2%
コーンフラワー1%

コーンフラワーって矢車菊のことのようです。
矢車菊と言えば、ツユクサとともに、青の美しさで有名なはず。
それを紅茶に……。

わたしの理想の紅茶は、パンチの効いた、スパイシーと言えば違うのかもしれませんが、まろやかではなく、そして渋みの少ないもの。
水色は、オレンジがかった明るいの。
そういう紅茶、どこかにないでしょうか。

門司港には、バナナのたたき売り発祥の地ゆえにでしょう、バナナの香りの紅茶というのもありました。
それは、飲んでみませんでした。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-19 23:30

あさの三日月と一ツ星

ふと外を見たら、空がおもしろいことになっていました。

お月さんと並んだあの一ツ星、たぶん金星ですよね ?
お月さんは、ちょうど三日月あたりの格好でした。
だけどちゃんと、うすくまるく、光っていました。

ああ見えて、本当はいつもまるいお月さんの証拠写真を撮りました。
c0097620_1142160.jpg

c0097620_23294853.jpg
c0097620_23295780.jpg

無口になって見ていました。
コウモリらしいのがひらひら飛んでいました。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-18 23:30

続・門司港

波にゆられながら、やって来ました、巌流島。
c0097620_11443118.jpg

この小舟で来たのではありません。
これは、そこにありました。
たぶん、これに乗って、武蔵と小次郎が来たというわけでしょう。

と、思ったのだけど、そうすると一そうでいいのでしょうか !?
c0097620_11454222.jpg

巌流島へは、風に吹かれながらたどりついた門司港の船乗り場から船に乗り、10分ほどでつきます。
九州と、本州の間にある、川のようにも見える海をすすみます。
両側に並ぶビルや、すれ違う別の船を目にして、わたしは、戦う気分には、ちっともなれませんでした。
ふたりが戦った時代は、こういうものはなかったのですよね。

むかし、、、と考えると、不思議な気持ちになります。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-17 23:30

門司港

列車から降りると、そこは……。

レトロ国でした。
プラットホームの天井がレトロ、電球がレトロ、水道もレトロ。
ああ、気持ちが落ち着きます。

駅構内は、案内板もレトロなので、すらすらとは読めず、さいきん覚えた文字を読むように、ひとつずつ読みました。
ですから、お手洗いを探すのに、ちょっと手間取りました。

バナナのたたき売りの発祥の地という、門司港。
バナナグッズはもちろん、たくさんたくさんありましたが、それに負けぬいきおいなのが、焼きカレーでした。
c0097620_11481849.jpg

このように、オーブンで焼いたようなカレー。
あちこちのお店にあるようでした。
見なくてもわかりますもん、香りで……。
展望ビルから眺めました、レトロな街。
真下を見ると、ふるえます。
c0097620_11484220.jpg

歩いてまわれるような、ほどよい大きさの街でした。
海風さえなければ……。

海風は、結構やっかいでした。
海風に飛ばされ、帽子が海に飛び込んじゃった女性がいました。
帽子だけですよ。
女性は陸で安全でした。
あごひもをつけてたのに、と言ってました。

さて船乗り場へ。
今日はとくべつに風が強いんだなあ、と思って、船員さんにそう言うと、船員さんの顔に、奇妙な表情があらわれました。
船員さんふたり、顔を見合わせたあと、強くないでしょ ? と返ってきました。

日傘をさしていたら、柄でなく、心棒をしっかりつかまえておかないと傘が飛んで行きそうだし、棒が曲がったら困るわ、と思ったし、そういう強さなんですよ。

歩くとき、前に進みにくかったのは、日傘をさして風に逆らっていたからかなあ、帆をつけた船みたいに、と考えながら、船にゆられていました。
ゆられましたよ、波が、2,5メートルくらいありましたね。

別府湾の0,5メートルの波が普通だと思っているわたしには、立派な波でした。

続く。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-16 23:00

休日びより

紅茶とラスク、とてもおいしかった。
あのラスクは、本当においしかった。
サクサクしてホリホリして。
c0097620_2304843.jpg

テーブルに、小さなこなを、たくさん散らして食べました。
c0097620_11512694.jpg

今日は空がきれいでした。
c0097620_11513751.jpg

あしたは雨なんだって。
雨ふりもまた、よし。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-08-14 23:30

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧