大人になるということ≪ホワイトデイの思い出編≫

 ひさしぶりに見つけました。
c0097620_0262135.jpg

 この頃見かけないなー、と気がついてからは積極的に探していたのだけど、商品名を覚えていなくて、人に聞くこともできなかったのでした。だってこういう構成のお菓子、たくさんあります。ビスケットにチョコレートのコーティング。
 おいしいんです。ジャリジャリ感とか、チョコレートの感じとか、全体の甘さとかが、ちょうどわたしの好みなんでしょう。
c0097620_02641100.jpg

  毎度のことながら、きちんと開かない箱。 

 箱のせいじゃなくてわたしのせい。どんな箱もきちんと開かないんです。

 さて、以上のは余談でした。

 今日はホワイトデイ。そんなことは忘れてしまうような地震が丑三つ時にありましたけれど……。

 ずっと(ずーっとずーっと)前のホワイトデイに、『キティランド』というビスケットをもらいました。3日ほど前に、それをふと思い出しました。いえ、思い出すことはよくあったのです。小学生だったわたしに、あのお菓子はおいしかったし、嬉しかったですもん。
 3日ほど前にふと思い出したこと……厳密には思い出そうとしたこと。あれはだれにもらったのだっただろう?ということ。考えても考えても思い出しません。しばらくして、そうだ!チョコレートをだれにあげたかだわ!とすばらしいヒントを思いついたけど、それも、思い出さない……いろいろ考えるうちに、候補の男の子が3人浮上。3人のうち、ホワイトデイにお返ししてくれそうな男の子は、だれ?きっとその子のお母さんがキティランドを選んでくれたんでしょう。きっと、いいお母さん。

 ……とか、いろいろごしゃごしゃ考えてみて、最終的にわかったこと。それは、きっと大人になるっていろんなことをすっかり忘れてしまうってことなんだ!ということ。 

 ただの恐ろしいもの忘れなのですけど、忘れるのもいいことだと思うこともあります。それに、正しい記憶よりも、今どうなのかということのほうが大事だと思うわけです。


 
[PR]
by wannotomarigi | 2014-03-14 20:31 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧