こんな考えごとも寒いせい

 楽しいことも嬉しいこともないし、期待して向かったところは閉まっているし、つまらないつまらなーい。でも、すごく悪いこともなかったのだから、悪くない日々ということになるのかな。
c0097620_22353476.jpg

 怒りとか悲しみとか、嫉…妬…ねたむっていう字はどうしてふたつとも女偏なのかな……とにかくそういう負の感情も、自分を研究するには良いと思うんです。だけど、取り返しのつかない悲しいことは起こってほしくないものです。
c0097620_22354395.jpg

 さいきん喜んだ出来ごと。冬枝に枯葉がついているのを見たとき。星がひとつだけなのを見たとき。
  
[PR]
Commented by Non at 2013-01-09 06:49 x
些細なことでも喜ぶことができるというのは本当に大切なことです。
自分の心がすごくすさんでいる時、
自分が不幸のどん底にいると思い込んでいる時、
先の見通しがあまりに立たない時 etc
心に余裕がなさ過ぎて、小さな幸せにも気づかないことがあります。
私にもあるんですね〜
でも小さな嬉しくなるものを見つけた時など
フッと我にかえります。
大切ですね。そんな心のゆとり。
マイナスの世界がいっぺんにプラスの世界に変わっちゃいますもんね。
落ち込んだ時ほど、嬉しいこと探しをした方がいいのかな
最近、そう思います。

Commented by wannotomarigi at 2013-01-09 22:11
Nonさん、ありがとうございます♪

結構、そういう小さな喜びが好きだったりします。
でも、なにが大事が起きて、季節の植物の変化にも気がつかないことも(気がついたら、モッコウバラの季節が終わっていた、とか)以前あって、驚きました。
こういうのに気がつくかとか、桜を楽しみに待つとか、そういうのは、元気バロメータなのかもしれませんね~。
by wannotomarigi | 2013-01-06 22:35 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧