野田あすかちゃんの番組、ドキュメンタリー賞、大賞に!

 先日、書きました、野田あすかちゃんを記憶した番組、

「こころのおと~あすかのおしゃべりピアノ~」が、

FNSドキュメンタリー賞、大賞に選ばれたそうです。わたしは、とってもうれしいです!


 あすかちゃんは、プロフィールにもありますが、広汎性発達障害を持つピアニスト。この番組を見て、たくさんの人に、あすかちゃんのピアノ演奏とあすかちゃんのことを知ってほしいと思います。それから、広汎性発達障害がどういうことかも知るきっかけになったらいいなあと思います。あの番組を作った方に、感謝したい気持ちです。

 今度は、全国一斉放送されるそうです。前回は、“今日未明”という時間帯の放送でしたが、今度は、お日様のある時間に放送です。

 
   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「こころのおと~あすかのおしゃべりピアノ~」
12月30日、午前10時50分~
(大分県は、TOS ですよね )

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




 わたしは、あすかちゃんのピアノ演奏を聴いてファンになったひとりです。目の前での演奏は、一度しか聴いたことがありません。
 とつぜんに演奏を聴くそのときまで、わたしは、あすかちゃんのことをよく知りませんでした。
 ステージにいるあすかちゃんはぴょんぴょんはねているので、椅子に座れるのかな、ピアノ弾けるのかな、と心配しました。ところが、始まった演奏がとてもすばらしいのです。びっくりしました。この女の子はどうなっているのだろう?わたしのこの心の反応はなんだろう?ふしぎでした。
 障害とあすかちゃんのピアノ表現は、直接には関係ないように思っていましたが、ピアノだったら聴いてもらえる、だからこそ、ピアノを聴いてもらいたい、ピアノで言葉を伝えたいというあすかちゃんの言葉を考えると、やっぱり、それだからこそのピアノ演奏なのかなあ、と思います。でも、それは理由であって、演奏そのものは、ただあすかちゃんそのもの、なのだと思います。
 
 とにかく、すでにそうなっているようだけれど、もっと多くの人に知ってもらいたいと思います。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-12-14 19:21

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧