安心院でmy初雪

 雪なんて言ってたけど青空ねー、とゆだんしていました。
 ゆだんと思い込みは、人生をも狂わせます。今日は……人生のお話ではありませんけども。

 あとから思えば、むこうの空にふしぎなわた雲があって、そのわた雲からなにかがもわもわと出ていた、あれが雪だったのでしょう。

 今日は、大分市から豊後高田へまっしぐらに走り、用事をすませたら、鼻歌で宇佐を通過。太陽がまぶしいほどで、ときどき窓をあけながら院内、安心院へ向かいました。

 院内あたりから標高があがります。安心院にさしかかったとき、道路脇の木々が、急に白くなりました。
c0097620_18552045.jpg

 あんまり急だったので、どうしたんだろうと思っていました。
 どうしたかって、雪が降ったんでしょう。そんなことが、すぐには腑に落ちなかったのです。
c0097620_1855408.jpg

 ふつうの積雪の白さと、ちょっと違っているようにも思えました。それでぴんと来なかったんです。そうそう。
 それから、雪が降っているところも見なかった。そうそうそう。それで、ぴんと来なかった。そうそうそうそう。きっとそう。

 それにしても、枝の妙な白さ。
c0097620_18555064.jpg

 この下は、ナントカ椎谷の滝です。水音が聴こえていました。
 ということは、滝は氷っていなかったんでしょうね。
c0097620_18555842.jpg

 ニュースで見る、山の樹氷というのはこういうのではないかと思いました。だって、どうしても、こういう枝の感じはあまり見たことがないように、思うんですよねー。
c0097620_1856766.jpg

 車をとめて観察したあと、出発しようとしたら、タイヤがほんの少し滑りました。道の端っこは、少し凍っていたようです。そこでやっと、早く山道を通りすぎねば、ということに気がつきました。

 みなさんご存知のあの象さんも、頭に雪。
 
c0097620_18574689.jpg

 写っていないけれど、横にあった信号なんて、顔が雪まみれでしたよ。
 
 塚原への道がどうなっているか確かめに行きたかったけれど、帰れなくなったらこわいからやめました。
 雪の季節がはじまりました。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-12-09 19:30 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧