近況

 わたしの目はもともと乱視で、つまり、ものがぼわぼわっと見えます。三日月はバナナ三本みたいだし、星の輝きは倍増。夜空も夜景もきらきらときれいで、たいへんお得。一応めがねも持っていて、乱視が矯正された状態で夜空を見ると、なあんだ、これだけ?と思うこともあります。
 “勉強しすぎて”黒板などは見えにくく、本は目にものすごく近づけて見ることもありました。

 ところが、この数ヶ月、本を、ものすごく近づけて見なくてもよくなりました。ほどよい距離で見えやすい。これはいい。この状態をなんというかは……さておき、とっても快適です。壁にかかっているカレンダーなどが、今までになくよく見えます。人生の先輩方によると、ちょうどよい期間というのがしばらくあるらしいです。そして、だんだん見える範囲が遠のいていくらしいです。本を読むときには、長い腕が必要になるのかもしれません。近況でした。

 
[PR]
Commented by Non at 2012-09-17 10:57 x
私は遠のいていますよ。
すごく不便なのが、近視のコンタクトを入れているから
コンタクトをしたままだと、小さい字が読みづらい。
かといってはずしてしまうと遠くは見えない…
意外にコンタクトをはずし、メガネもかけずに小さい字を読むのは
見やすいんですよね。
歳とっていくのって不便ですね。
今まで普通に出来ていたことが普通に出来なくなるんですね。
しっかり受け止めて、生きていくしかないんですよね。
Commented by wannotomarigi at 2012-09-17 23:04
Nonさん

むむ、それは、ややこしいですねえ。
もし、コンタクトをしてなかったら、どのあたりが見えにくいですか?

年齢にしたがって、いろいろ変化はしますね。頭にメモは出来なくなるし。
だけど、あじわい深くなってくるんだと、思うんです。そう思いたいんです。あじわい深さを得るためなら、ほかのものは手放してもいい!……と思うことに、してます。(笑)
by wannotomarigi | 2012-09-12 23:00 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧