湯布院の湯の坪街道ふきんで、鳥見。

この日は、いまさらの湯布院観光。

散策しはじめてすぐ、シャ・タニナントカ9横の川で、コサギちゃんを目撃。
わたし、大よろこびで、一方的に説明を開始。
c0097620_19461450.jpg
見て、あの、黄色いクツシタが、コサギちゃんである証拠よ。

コサギ?ほんと、小さいなあ。

中サギ、大サギというのもいるのよ。黄色いクツシタ、かわいいなあ~。

次は、亀の井別荘近くの川で、ゴイサギどんに遭遇。
c0097620_19462311.jpg
なにしろ、まばゆい白さのコサギちゃんを見たあとのこと。
ゴイサギどんのむさくるしいこと。

背中はまるめてるし、すすけた色に見える。
ひがんで、ひねくれて見える。

あれ、頭から出てるのは、冠羽っていうのよ、といばって説明。
名前は自信がなかったのです。

帰って確認しました。
似たのがいるけど、オナカが白いのでゴイサギに決定。

ゴイサギは五位サギって書きます。

徒競走で五位になったとかいうのではなく、天皇に五位の位をもらったのだって、平家物語にのっているそう。
本当だろうか?

( 参考文献 『 鳥の名前 』 大橋弘一 著 東京書籍 )

ぶち鴨!
このぶちは、なんだかよかった。
c0097620_19463367.jpg

いっぱいいるなあ!
と、友だちは言ってたけど、5羽だよ。それっていっぱい?

( 4以上は、たくさん、って数える人種だろうか )
と、思ったけど、そんな余計なことは言わなかった。

最後に、玉の湯前の川に、アオサギサマがお出ましに。
c0097620_19464279.jpg
美しいわね~、アオサギサマは~。

いつでもぼーっと立ってるアオサギサマ。
今日は、天を仰ぎ、お魚探ししているふうでもないし、なにやら思案中のご様子でしたよ。

帰り道では、鹿の子が急に跳ね出てきて、目のまえを横ぎって、草むらの中にぴょんと飛び込んで行きました。

バンビ!
と叫んだのは、友だち。
鹿をはじめてみたらしいのです。

わたしも、案外出会わないのだけど、みんなのお話だと、衝突しないように気をつけたほうがいいくらいたくさんいるらしいです、とくに塚原高原とかには。

『 湯布院、動物を見つけようツアー 』 でした。
なにをしに行ったんだったかな。
[PR]
by wannotomarigi | 2012-01-26 20:35 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧