五月の珈琲木馬 《 湯布院塚原高原・珈琲木馬 》

五月の《 珈琲木馬 》

五月になってすぐ。
節気の通り、初夏の気分でした。
c0097620_2054356.jpg

窓ガラスの m の影も、初夏めいて見えました。

そんな日、木馬で、とてもおいしいコーヒーを飲みました。
そりゃあもう、「 しんけんおいしかった 」んです。

いつものんでるんです、木馬のコーヒー。
でも、あるんですね、そういうときって。
いまさらのように、新しく驚いた瞬間でした。

わたしの気分と、空の気分と、そのときのコーヒーが、「 しんけん 」ぴったり来るとき、っていうのがあるんだわ、と思いました。
まだこういう驚きがあったとは、と思うほどの驚きでした。
いいんです、だーれもわかってくれなくても。

マスターがときどき、こんな日はこんなコーヒー、って言ってるのを聞きますけど、自分でいれたなら、こうはいきません。




その後、一気に加速するかと思われた初夏気分ははじめだけで、ずっと涼しかった五月中頃。

そんなころのティラミスと、
c0097620_20541368.jpg
ロールケーキ!
c0097620_2054238.jpg

このロールの、「の」の字。
コーヒーをいれるときに、コーヒー豆の上にお湯で描く「の」の字を思い出します。




それから、早くも梅雨入りした五月下旬。
c0097620_20543130.jpg

この日も雨が降り、ざわざわと風までふいていました。

こんな日は、高原までコーヒーを飲みに来る人なんていないかなあ、と思っていましたが、ドアをあけるとお店の中は、なごやかを通りこして、にぎやかでした。


と、6月も一週間以上経ってから、5月のお話でした。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-06-08 22:45

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧