竹田階段シリーズ2~岡城址の桜編

岡城址のつづきをすぐ書くつもりが、ほかのことばかり言ってて、おそくなりました。

しかも、階段シリーズに化けています。

豊後竹田、岡城址の入城料は、三百円。
三百円と引き換えに、これを渡されます。
c0097620_20344642.jpg
巻物になっているのは、地図です。

この三年ほどは、一年に一回くらいのペースで来ているので、よそさまのおうちですが、配置図を覚えてしまいました。
だから、今回はもう広げませんでした。

それになんと言っても、巻物は、広げると、元どおりに巻くのがめんどうなのでございます。
わたしは、折りたたみ傘はもちろん、ふつうの傘も、きちんと巻くのが苦手なのでございます。



   ж   ж   ж   ж   ж



最初にちょっとしたゆるやかな道を歩きます。
戻ってきた人たちが、出入り口のお店のしいたけの佃煮とお茶攻撃を受けるのを見ながら。

ゆるやかな道をすぎると、すぐ階段が現れます。
忘れていましたが、この階段はちょっとしんどい。
降りてくる人たちの、しかめたお顔を見て、ああこの階段があった、と思い出しました。

最初の階段を撮る余裕はありませんので、かわりに、というわけではありませんが、このたんぽぽ階段をご紹介します。
c0097620_20345371.jpg
たんぽぽが、なんだかキノコのよう。

とにかくこのお城は、上ったり下りたり。
c0097620_2035053.jpg
なぜこんなに段差をつけたのかしらと思う下りるのがおそろしいほどの階段もあります。

こんな階段いやだという人は、そっちのほうには行かなければよいので大丈夫ですよー。

これも桜?
c0097620_2035921.jpg
芽キャベツを思い出す、大きなつぼみ。

とにかくひろびろとして、お散歩がてらのお花見にはとてもよいところ、最初の避けられぬ階段をのぞけば。

この、石は昔からあったんでしょうか。
c0097620_20351776.jpg
なんのために?
ガードレール?
昔の夜は、まっくらだったんでしょうね~。
馬もカッポしたのでしょうか。

とか、考えながら歩くのです。

あーっちの桜の見えるところまで、歩くんですよ。
c0097620_2035266.jpg
全体的にはのどかです。
c0097620_20373627.jpg
文字通り、裏口入門する方もいるようでした。
そちらは、どこかからか車でのぼれるようでした。

正規の入城方法ではないようでしたが、徒歩が困難だという場合、裏口入門する手続きを取るのがよいのではと思います。
最初の階段を、杖二本で上る方もいますが、本当にたいへんそう。
c0097620_2035408.jpg
でもね、おすすめの場所です、ここは。
c0097620_2035478.jpg
また、階段があるのを忘れたころに、行くんだろうなあ、わたし。
[PR]
Commented by Non at 2011-04-10 13:04 x
岡城は歩くだけあるんですよね〜
桜、きれいでしたね。
岡城には、桜の咲く頃には随分行っていない気がします。
来年は岡城を目指そうかしら…
ただ、年寄りは連れていけませんね。
歩けないですよね。
Commented by wannotomarigi at 2011-04-10 21:51
Nonさん。

岡城址は、最初の階段が本当にしんどいです。
でも、この日も目撃しましたが、どこかから車で上れるんですよね。たこ焼きやさんも、入ってましたし。
上るのが大変な人は、車で上るように正式に手続きして上るといいのではないかと思ったりします。
だって、こんなよいところ、行けないのは残念な気がするんです。

ところで、わたし、去年も桜の季節に(ちょっと早かったけれど)行って、そのとき、さふらんごはんに初めて行きました。
そして一年経ったこの桜の季節に、二度目のさふらんごはんへ!
枝豆のバターライスを食べたのですが、おいしかったです。
小皿にのった煮豆や、寒天のデザートもお抹茶なのに洋風のまろやかな味で、おいしかったんですよ~。
さふらんごはんは、食べものに対する情熱を変わらずに持ち続け、そして静かにパワーアップしているように感じました。
なによりも、いろいろ食べて満足して、そのままお城を歩き回れるくらいのオナカ具合になったのがわたしには嬉しかったです。

by wannotomarigi | 2011-04-05 21:00 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧