曇った土曜日のなんでもない出来事

今日は、「 穏やかな晴れ 」ってニュースでも何度も言ってましたけど、空も湾も、晴れとは思えないような、かすみ具合でしたー。

なにかで煙ったような、とにかく、海も水平線も見えない一日なのでした。

それに加え、目もなんだかしょぼしょぼするので、絶対なにか飛んでるんだ、と決めつけていましたら、“ ほこり ”だったんですって。
雨が少ないからですって。
困りましたねー。

それとは関係ありませんが、ふいに、
「 やっぱりおいもはオーブンで焼かなくちゃね 」と思ってオーブンで一時間焼きました。
蒸したときとは違いますねー。

甘みがほっくりした感じです。
オーブンだと時間がかかるけど、それがまたよいようです。

それで、これはおリンゴですけれどね。
美しいとはとても言えませんが、おいしそうには見えたんですよ。
本当ですよー。写真にすると、色が悪いけど……
c0097620_20304154.jpg
おいも焼くなら、おリンゴも、便乗させてもらいましょう、と洗っただけのおリンゴを、オーブンの隅に、ほいっとのっけました。

芯をくりぬいたりとか、バターやお砂糖を入れたりとか、そんなのはなしです。
そのまま。
むかしはよく、紅玉の季節には、ストーブの上にのせて焼いたものでした。

途中で、過ちに気がついてココットにいれたけど、遅すぎました。
おいもは、焼けはじめたおリンゴの、リンゴ汁水害にあってしまいました。
考えてみたら、なんにも包まずに入れるなんて。

160度で一時間焼いたおリンゴ(サンふじでした)は、ほどよい弾力の、罪のないよいデザートになりました。
罪がないのは、バターもお砂糖も入っていないからです。

ナイフも使わずに皮はむけるし、おいもが水害にあっただけのことはありました。
[PR]
by wannotomarigi | 2011-02-05 20:30 | Comments(0)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧