げんこつ山スコーン

これ、げんこつ山スコーン。
c0097620_22415243.jpg
げんこつって、考えたらあまりよい名前じゃないけど、げんこつ山スコーン。
お皿に置いたときの、ごつんという音といい、まわりのガリガリ硬いところといい、(あ、げんこつだ) と思ったんです。



さて、では、げんこつ山スコーンのお話、聞いてください。

わたし、あんこはあまり食べません。
おいしいのはわかるんだけど、積極的には食べません。
でも、このあいだの中秋の名月のとき、おだんごに着せるために、1キロほどの小豆でこしあんを作りました。

こしあんって、ゆでた小豆を漉して作りますが、そのときに、小豆の皮が残ります。
漉し終わってみると、思ったよりたくさんの小豆の皮が出来たので、捨てるのもちょっとね、という気がしました。

そこで、その小豆の皮を少し口に入れてみました。
これは……、おいしくない !
( なんなのこれは、これはだめだわー ) と思って、今度は、漉した小豆がいかにおいしいかと当然期待をして、食べてみました。
すると、これまた、おいしくない !
小豆の皮に負けないまずさ。

なるほど。
お砂糖を入れる前の、完全無糖チョコレートみたいなもんなんだわ、これは。

( ということは、小豆の皮も、甘くするとおいしいのかも )

その日は、もうそれ以上、あんこの仲間のことを考えるのは嫌になったので、そのまま冷蔵庫に入れました。

後日、朝食のためのいつもの “ バナナスコーンふう ” を作っているとき、半分は、バナナでなく小豆の皮を入れてみよう、とふと思いつき、すでに混ぜ終わっていた生地に、小豆の皮をドサドサと、それから、実は、すでに甘くしたきなこもあまっていたので、それも最後に、ザザッと入れました。

そうして出来たのがげんこつ山スコーン。

焼きあがったときは、 (うわッ、こんなふうになるんだ ) って思いました。
予想外の感じ。
焼く前には、生地はぼろぼろして、くっつくかないかもね、まあ、いいわ、思いながらオーブンシートに並べましたから。

でも、ゲンコツ山スコーン、これが、わたしにはなかなかおいしいのです。
あまり好きとは言えない材料を組み合わせて、おいしいと思うものが出来るのって不思議。
小豆もきなこも好きな人なら、わかるけれど。

なにしろ、出来あがったこしあんも、おいしいとは思ったけれど、自分では味見程度しか食べなかったくらい。

皮がいちばんおいしいんだったりして。
[PR]
Commented by Non at 2010-10-03 23:50 x
あんこをあまり食べないのに、あんこを作るなんて尊敬します。
私にはまだ出来ないことです…
いつかは作るようになるのかしら…???
Commented by wannotomarigi at 2010-10-04 00:41
Nonさん、自分でも不思議なんですが、あんこを作ったり、お豆類を煮たりするのが好きなんです。
もしかして、母があんこ類が好きなので作るのが楽しいと思うようになったのかも、とさいきんわかりつつあります。いまさらという気がしますが。(笑)
ほかにも、あんこみたいな感じで、時間はかかるけれど、手間のかからないものは作るのが好きみたいです。
工程の多いものは苦手です~。
Commented by Non at 2010-10-04 19:59 x
ははは…。
おんなじです!
ちょっと違うのは、工程が多いのは苦手なのではなく
いかにも私らしく面倒くさいんです。
これでも昔はパイ生地を自分で作ったりしてた時期が
あったんですが、今となっては、
LONG LONG TIME AGO…
忘れてしまうほど、彼方です〜
Commented by wannotomarigi at 2010-10-04 23:17
Nonさん、なるほど~、面倒くさいんですね。(笑)

わたしも面倒だから苦手なのか……、それもあるけれど、きちんと細かい作業があるのがだめなような気がします。
出来ないんです。
もし、面倒くささを乗り越えたとしても、小さな作業、手先の器用さを求められるような作業はだめです~。

パイを作る、っていいですよねー。
秋になってパイを作るのもいいなあって思ったりしていました。
パイを作っている自分、っていうのを、なんとなく、夢みてるんですよね、秋ですから。(笑)



by wannotomarigi | 2010-09-30 23:30 | Comments(4)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧