十六夜

お山から出てきたばかりのお月さん。
ふいに、目に映って、ぎょっとしました。
c0097620_10534347.jpg

ああ、あんなお月さんは、実物大に写さないと意味がない。

出た出た月が
まるいまるい まんまるい
盆のような月が

というあの歌は、すばらしいと思います。

まさにお盆のようにまんまるで、うさぎもはっきりお餅をついていましたね、今日のお月さんは。

海が聞いたら怒るかもしれないけど、やっぱりお山はいいわ。
c0097620_1054059.jpg

騒ぐわたしと対照的なのが由布岳です。
あんなお月さんが上ってるのに、落ち着いている由布岳がすごい。さすがだわ。
[PR]
Commented by Non at 2009-10-05 20:23 x
おお、ススキとほんのり夕焼け、そして山のシルエットが
とても素敵です…
何だか郷愁を覚えます…
私は、どこに帰りたいんだろう?
月?
いいえ、宇宙の果てです。
アンドロメダに帰りたいのです。
そう。私は宇宙人…
そんなことを考える季節です。
Commented by wannotomarigi at 2009-10-05 22:42
Nonさん

Nonさんのお里はアンドロメダでしたか~。
わたしは実は月なんです。
アポロ11号に乗って、ここに来ました~。

いつかロケット買って、宇宙めぐりしましょう♪(笑)

海って、どこかにつながっているという気がします。
お山は、ここにいる、という気がします。
だから、ふるさとのような気がするのでしょうかね~、お山は。
by wannotomarigi | 2009-10-04 23:30 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧