続・印度カレー~ほうれん草のカレー

10月になってから、ふたたび行きました、インドカレーのアフジャー・レストラン。
おいしいんですよ~。

携帯のカメラだったので色がよくない気もするのですが、でもだいたい、このカレーは緑色です。
ほうれん草の緑、そのものの色です。
c0097620_2249474.jpg

前回は、チキンベースのカレー。今度はほうれん草のにしました。

これでは、違いまではわからないと思いますが、手前のがほうれん草とお豆のカレー。
向こうのは、ほうれん草とチーズのカレー。

チーズは、白くて、生クリームのような味で、ぽろぽろした食感でした。
このお店で作るのですって。
日本の牛乳は薄くて出来ないので、インドの牛乳で作るのだそうです。

ところで、メニューは英語でも書かれています。
それを眺めて、しばらく考えたのですが……。

キュウリの英語は、キューカンバー。
キューのところだけは似ているけれど、キュウリらしくないなあ。
とか。
なすびが、エッグプラントって、なんか納得いかないわ~。
とか、子どものときに思った記憶は、あるんです。

でも ! ほうれん草の英語って、記憶にありません。
なんていうのかなあと思った記憶もないのが、不思議です、こんなに一般的なお野菜なのに。

ほうれん草=spinachって書いてあるのを見ても、どう発音するのかわからず、これ、なんて読むんですか、ってお店の人に聞きましたもん。

……英語で日常生活を送れるジャパニーズもたくさんいる今の世の中で、言ってることが古いですね、わたし。
頭をたたくと、レトロな文明開化の音がするかも……。ガラクタの音かも。

そんなこんなですが、最後には、お決まりのチャイを飲んで、満足して帰りました。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-10-10 23:00