星から来た人たち

NHK教育の子ども番組、『 おじゃる丸 』
ときどき見ます。
その10分のあいだ、頭が、無になります。
最後にプスンと笑えたり、何かがピリリときいていたりして、おもしろいんですよー。

そのおじゃる丸に、ほんのときどき、ごくまれに、と言ったほうがいいですね、星野一家が登場します。
彼らは、地球を手にいれるために、宇宙からやって来ます。
c0097620_018758.jpg

星野一家が出ると、わたしは三島由紀夫の 『 美しい星 』 を思い出します。
これは文庫本ですが、ちょうどこの絵の感じが、星野一家のイメージと重なります。
c0097620_018166.jpg

絵だけじゃないんですよ、存在やおかしさがとっても似ていると思うんです。

だけど、おじゃる丸を見ている子どもは、三島由紀夫は読まないような気がするし、三島由紀夫を読む人は、おじゃる丸を知らないような気がするので、そうそう ! と言い合える人にはなかなか出会えそうにありません。

でももしかして、わたしのほかにもうひとりくらい、いないかなあ ? と、この思いを、今、宇宙にむけて発信。
[PR]
by wannotomarigi | 2009-09-03 23:30

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧