雨のモヒカン山

塚原を通る県道、616号線に入った途端に、ラジオがザーザー言い始めます。
まるで、その曲がり角が、周波数の曲がり角でもあるようにです。

行きは小雨だったのが、帰りは616号線で本降りになりました。
急に思い出してラジオをつけると、ザーザー音の中から陽気な感じの協奏曲が聞こえてきました。
ときどき交差するように、中国語のような独特な声の歌も聞こえてきます。
あれ、と思って確かめても、いつもの88,9MHz。
雨はアスファルトから跳ね返るように降っているし、奇妙な空間にいるようでした。

616号線から見えるモヒカン山も、雨に煙っていました。
c0097620_043181.jpg

[PR]
Commented by uheo at 2009-05-12 23:58 x
塚原にこんな山があったんですね。まるでミステリーゾーンに入っていくような未知への空間への入り口。詩的な文章に感じるものがあります。
Commented by wannotomarigi at 2009-05-13 22:32
はい、あったんです、あります。
晴れの日は陽気なモヒカン山ですが、この日はあやしく煙っていました。
本当はなんと呼ばれているのか気になります。
by wannotomarigi | 2009-05-04 23:00 | モヒカン山 | Comments(2)

トリ暮らしの記録


by トリ
プロフィールを見る
画像一覧